はじまりを見つけた絢香

絢香『The beginning』
2012年02月01日発売
ALBUM
絢香 The beginning
昨年末のNHK紅白歌合戦で2年振りにステージに立った絢香。全13曲のほとんどを自ら作詞・作曲してセルフプロデュースしたアルバム『The beginning』を完成させ、完全復活を果たす。
 
本当に才能のあるシンガーは若い頃に、自らの歌唱力に経験と心が追いつかなくて大きすぎる服を着ているように見えることがある。私はデビュー当時の絢香にそんな印象を抱いていた。しかし、やがて病気を抱えながら活動を続け、結婚と活動休止を経て、歌えないもどかしさや色んな周りの声に悩んだこともあっただろう、そんな全ての経験と想いから生まれた歌は彼女の心と体と声にぴったりの色と形をしている。《Life 僕を生きる/もがきながらでも 自分という心で》と歌う“はじまりのとき”や、《一番大切なもの/色褪せてしまった/心から「好き」と言える自分で/もう一度会いに行く》と歌う“Hello”など、胸の内にあった葛藤も隠さずに、新たな気持ちで音楽と向き合う彼女がここにいる。とても気持ち良さそうなメロディ、誰の歌でもない、絢香の歌。2年休んだって、まだ24歳。鮮やかな第2章の始まりだ。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする