第一期の名曲“顔”も生々しく蘇る

東京事変『深夜枠』
2012年08月29日発売
ALBUM
東京事変 深夜枠
いわゆるベスト盤の制作には最初から期待してはいないものの、カップリング集である本作はある意味ベスト盤よりも喜ばしいコンピレーションである。ぜひともあなたの所有する東京事変アルバムと一緒に並べて欲しい。もちろん、単にコレクションとしてではなく、積極的に聴き込むべきニュー・アルバムとして。新曲の“ただならぬ関係”は先行して配信されているし、フィジカル音源としては初収録となる“ハンサム過ぎて”も然りだが、児玉裕一が手掛けた“ハンサム過ぎて”の歌詞の導入部が「東京事変を聴く」という行為を促してくれる本作の興奮を、多くの人に味わって欲しい。
 
周知の通り、東京事変の作品とはシングルのすべての楽曲に至るまで、ポップ・ミュージックの新機軸を打ち出すためのチームによるトライアルであり、そのためにバンドが機能していたと言っても過言ではない。常にリスニング作品としての高みが追求されていたし、個人的にライヴでは「体感すべき楽曲」として再構築されているぐらいの感覚で捉えていた。ヴァージョン違いシングル表題曲まで望むのは、欲張りかな。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする