back number
『シャンデリア』の大ヒットは清水依与吏の何を変えたのか

2015年を代表するヒットアルバムとなった『シャンデリア』をひっさげて、現在全国ツアー中のback numberから、ニューシングルが届いた。表題曲”僕の名前を”は映画『オオカミ少女と黒王子』の主題歌として書き下ろされた珠玉のバラードだ。この曲で清水依与吏(Vo・G)は《僕は君のものだ》という言葉をある種の「結論」として歌っている。常に「君」に向けて「僕のものになってくれ」と歌い続けてきた彼に、どんな変化が訪れたのか?『ROCKIN'ON JAPAN』6月号掲載のインタヴューから、いち早くその発言をお届けする。

インタヴュー=小川智宏 撮影=Yayoi Sawada

アルバムをいろんな人に聴いてもらえて、なんとなく有名風なバンドになって。で、アリーナツアー的なものができるようなバンドになったのにもかかわらず、このお客さんの距離の近さはなんなんだろうな?って思う感じがすごい嬉しい

(『シャンデリア』がヒットして)最初はやっぱりちょっと浮き足立ちましたね(笑)。嬉しいじゃないですか、それは。褒めてもらえるっていうのは嬉しいし、ずうっとこう、なんでこのCDこんなにいいのにあんま売れねえんだろうなあとか思ってたんで(笑)。どこかまだ振り回されてるような気もします

どうやら満足には程遠いらしくて。どうやら何かに手を伸ばしてるので、ここがゴールじゃなさそうなんですよね。もしかしたらもう音楽やめちゃうのかもなって思ったんですよ、一瞬。だけどどうやらやめないですし、自分の中の音楽もよりスピード感が増してる

あなたのための僕でいいと思ってます、結構。すげえ思ってます。そこにしか価値を見いだせない。たぶんこれずっとそうなんですよね、実は。誰かがいて俺がいてっていう歌しか書いてないんで

《僕は君のものだ》って、気持ち悪いなと思いながら言ってますけど、でもほんとの気持ちだから言わなきゃ収まんないですよね。相手にとってはきっと気持ち悪いだろうなっていうことを、歌の一番大事な最後のところで言うことができるっていうのは相当なタマですね。でもこれを言えるっていうのは、弱さではないですよね

続きは2016年4月30日(土)発売のロッキング・オン・ジャパン 6月号で!

ロッキング・オン・ジャパン ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2016年6月号

ASIAN KUNG-FU GENERATION、結成20周年特集号&別冊BABYMETAL 完全読本!!

  • バンド結成時からを振り返る全員インタヴュー、29名のアーティストからのメッセージ「僕らのASIAN KUNG-FU GENERATIONに寄せて」、小野武正(KEYTALK)×GEN(04 Limited Sazabys)による「アジカン世代対談」で送る表紙巻頭大特集! 特別付録は「別冊BABYMETAL 完全読本」! 全48ページ、全23,000字、写真全50点の大ボリュームでお届けします。
  • ●雑誌コード:09797-06
  • ●発売日:4月30日
  • ●定価(税込):特別定価710円(本体657円)
詳細はこちら
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする