back number
清水依与吏はなぜバラードにすべてを懸けるのか?

映画主題歌としてリリースされるback numberの新曲“ハッピーエンド”。これまでに何度も名バラードを生み出してきた清水依与吏が、そのすべてを注ぎ込んで生み出したような、切なくて哀しい、究極の「back numberバラード」だ。このニューシングルを機に、2016年10月28日(金)発売の『ROCKIN'ON JAPAN』では清水に改めて「なぜバラードなのか?」を問うインタビューを敢行。清水依与吏という表現者、そしてback numberというバンドの本質が覗くそのインタビューから、清水の発言の一部を一足早くお届けする。

インタビュー=小川智宏 撮影=森嶋夕貴

怨念みたいなものを自分の歌の中にちょっと感じられなくなってきたんすよね。俺の中にあるものって怨念に近いのに、それをすごいクリーンなかたちで出せるようになってたところもあって。怨念を怨念のまま歌いたいっていう

back numberがどんどん世に出て。back numberのストレートって呼ばれているものが、自分の中の高速スライダーなんだってことに気づいたというか。“花束”にしても“クリスマスソング”にしても、“高嶺の花子さん”にしても、ストレートじゃなくてスライダーなんです

心中するならバラードとでしょうね。バラードは、吐き出すのに一番体が動かないから、本当に心が震えてないと誰にも届かないというか。だから最もカロリーが高いんじゃないかなって思うんですよね。もう死ぬよ、最後に1曲何書く?って言われたら、たぶんバラードを書きますね

俺、タイムマシンが出てくる映画が大好きなんですよ。 その時の自分に会うみたいなのが大好きなんですよ。あの時こうしとけばよかったとか、そういう時に歌いてえなあって思うんですよね。それがたぶんバラードになるんですよね

『シャンデリア』で息切れした感じになっちゃうのが自分の中で嫌で。あえて言葉を選ばないんだったら、自分にもう1回売れたいと思って欲しいって思ったんですよ

続きは2016年10月28日(金)発売のロッキング・オン・ジャパン12月号で!

ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2016年12月号

[Alexandros]、傑作アルバム『EXIST!』メンバー全員インタビュー&川上洋平、バンドの始まり、全作品、そして今に至るまでのすべてを語る2万字!!

  • ●back number
    至高のバラード“ハッピーエンド”完成。清水依与吏はなぜバラードにすべてを懸けるのか?
    ●MONOEYES
    1年3ヶ月ぶり、待望のリリース! 2nd EP『Get Up E.P.』を4人で語り尽くす!
    ●サカナクション
    ついに届いた最新シングル『多分、風。』からバンドの今後を見据える大激論インタビュー
    ●KEYTALK
    3曲分!? 疾風怒濤のニューシングル『Love me』に見る、KEYTALKの現在地とは?
    ●桑田佳祐
    待望の新曲にして名バラード”君への手紙”で桑田佳祐は何を綴ったのか?
    ●RADWIMPS
    全開放のニューアルバム『人間開花』、全曲を聴いた! 速攻レビュー!
  • ●雑誌コード:09797-12
  • ●発売日:10月28日
  • ●定価(税抜):571円+税
詳細はこちら
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする