Psycho le Cémuが今歌う「光」と「影」とは? 復活後初のオリジナルアルバム『Light and Shadow』インタビュー

Psycho le Cémuが今歌う「光」と「影」とは? 復活後初のオリジナルアルバム『Light and Shadow』インタビュー

ダークな衣装でやるにあたって、かっこいい曲ほしいな、曲書いてきてねって言ったら、みんな結構ごっそり書いてきたんです


――前作『NOW AND THEN 〜THE WORLD〜』は新曲とともに過去曲の再録も入っていたので、今回の『Light and Shadow』は復活後初の完全オリジナルフルアルバムになりますね。復活後はカラフルで明るい面が続いていたので、ダークなヴィジュアルとか、ヘヴィな路線って久しぶりなのかなと思ったんですが。

「そうですね。復活してからは外に向けてとか、もっとPsycho le Cémuを知ってもらう時にわかりやすくってところが強かったと思うんですけど。今回に関しては、よりコアな、今僕たちを応援してくれてる人たちがドンズバでいいなって思ってもらえるところも意識しながら」

――こういうの待ってた!っていう人も多いと思います。

「そう思っていただけるとすごい嬉しいです。もともとインディーズの頃とか、メジャーデビューしてからも、アルバムではわりと激しめだったりマイナー調の曲もやってたんですけど、ここまで押し出したのは初めてかなという……なんかヴィジュアル系シーンでやらせていただいてるのに、やっぱちょっと、普通のバンドとも違うんで(笑)。Psycho le Cémuが本気でヴィジュアル系やったらっていうとこがテーマでやらせていただきました。でも、やっぱ僕らっぽいものになったなって印象ですけど」

――アルバムのコンセプトはどういう感じで始まっていったんですか?

「去年『Doppelganger (〜Next Generations〜)』ってツアーで、学生服ともうひとつの派手な衣装の自分たちが出てくるってテーマでやってたんですけど、そのファイナルの豊洲PITで、僕たちの敵である『ゲルニカ団』っていう……メンバーが悪役にまわるっていうのを、1曲だけ今回の格好でやったんですよ」

――アーティスト写真の黒い衣装ですよね。

「そうです。で、曲終わったあと、そのアー写をドン!って出したら、お客さんが――復活の時より大きかったんじゃないかなっていうくらいの歓声があがり(笑)。サプライズ的なものを大事にしてると、ちゃんと反応があるんだなって思って。で、そこからこのダークな衣装でやるにあたって、かっこいい曲ほしいな、曲書いてきてねって言ったら、みんな結構ごっそり書いてきたんです(笑)。やっぱメジャー行くと――誰かに言われてるわけじゃないですけど、シングルっぽい曲を中心に書いてきてたからか、解き放たれたように。でも、昔やったら、やっぱり激しい曲にするとリフとか雰囲気はかっこいいけどちょっとメロに弱さが出ちゃったり、とかあったんですけど。今回はサビもちゃんと突き抜けるように、それでダークなのを書けるようになったんだなって。やっぱりメロディはすごく大事にしてるんで」


黒着るとやっぱ『ちょっとええやん』って――『めっちゃええやん』ってなりますよね(笑)


――じゃあこの衣装からすべてが始まったんですね。

「そのライブの時はアルバムになるとかも決まってなかったんですけどね。『Light』方面な曲は、ずっと曲出しはしてるんで、溜めてた曲から出して。だから今回書き下ろしたのは『Shadow』な部分って感じです」

――“Revenger -暗闇の復讐者-”“哀しき獣”“絶望のゲルニカ”あたりですか?

「そうです、そうです」

――前作で過去の曲も入れつつアルバムを出して、これがPsycho le Cémuだぞっていうことを提示したことで、次に向かえるって気持ちもあったんですかね。

「そうですね。次は進化したPsycho le Cémuが出せたらなって……やっぱ攻めたいなっていうところで。過去だったら、“Revenger~”っていう曲を1曲目に持っていけるほどキャパシティーは広くなかったかもしれないです。今でこそですね」

――今回、セルフプロデュースと、岡野ハジメさん、Yamamoto Yohskeさん、ゆよゆっぺさんと、プロデューサーもさまざまですよね。

「まずセルフもやりたいっていうのもありつつ、新しい人ともやりたいなっていうのが、最初の段階で出てたと思います。あと、昔からやっていただいてる岡野さんと」

――書き下ろしたダークな曲の“Revenger -暗闇の復讐者-”“絶望のゲルニカ”はゆよゆっぺさんがプロデュースということですけど、初めてですよね。おもしろい組み合わせだなあと。

「初めてでした。ノリが若いんですよ、レコーディング中(笑)。『僕、“聖〜excalibur〜剣”めっちゃ聴いてました!』とか、きゃぴきゃぴしてるんですよね。歌録りもおもしろかったです。『今はもうピッチ気にしないで下さい!』とか、『ここはもういっちゃいましょう!』みたいな感じで、ほんとにノリよく録れました」

――“哀しき獣”はセルフプロデュースで。

「はい。嬉しそうでしたよ、ギターのLidaくんはもうこんな楽曲大好きですからね。暇あったらメタリカのDVD見てますからね(笑)。ギターはやっぱあれぐらい弾きたいんじゃないですか」

――私のメモにも「ギターソロがかっこいい」って書いてます(笑)。

「喜ぶと思います(笑)」

――そういうダークな部分も打ち出しつつ、キラキラでポップなシングル“STAR TRAIN”もありますし、本当にいろんな曲が入ってますが、1枚のフルアルバムとして聴いてみていかがですか。

「最初に“Revenger~”が来たあと、2曲目“妄想グラフィティー”、3曲目“STAR TRAIN”っていうキャッチーな曲がくる感じが良かったなと。“妄想グラフィティー”が、僕個人的には頭2個くらい抜けてるんじゃないかなって思ってて。だからこれが『Light』の代表曲で、『Shadow』の代表曲が“Revenger~”って感じですね。あと、いつものダンス曲というか、楽器を持たずにやってる曲が“JUNGLE×JUNGLE”っていう」

――確かに、聴いていてきっとこれは振付があるんだろうなと思ってました。

「ふふふ。ドラムのYURAサマがエアロビのインストラクターの資格をちゃんと持ってるんで。クオリティあがったのはいいんですけど、振付が難しいんですよ(笑)。すごい猛練習しても、ツアーでやっぱ失敗してました。今やっと……くらいです(笑)」

――で、きっかけになったという衣装についてもお伺いしたいんですが。DAISHIさんは今回は手が……。

「これ男の子なら誰もが1回はめてみたいやつですよ。うちのメンバーもやっぱりはめました、楽屋で(笑)。男の子心をくすぐるっていうね」

――こだわりポイントってありますか?

「とにかく衣装が黒ってことですよね(笑)。僕ら黒はNGなんで、基本は。黒い衣装着てるメンバーがいないバンドを作ろうっていうのがもとのコンセプトだったんで。でもやはり、少年時代はX(JAPAN)さんだったりD'ERLANGERさん、BUCK-TICKさん、LUNA SEAさんとかに憧れてやってますから。黒着るとやっぱ『ちょっとええやん』って――『めっちゃええやん』ってなりますよね(笑)。だから当時僕らが憧れた、黒い衣装を着ているヴィジュアル系をサイコがやったらって。今ならライブでもしっかり見せれるんじゃないかなとか」

――今だからこそなんですね。

「だからこの『Light and Shadow』が合体したような、進化したPsycho le Cémuになればいいなっていうのが、次の課題だと思いますね。この二面性を、ひとつのライブで見せれるようになれればなとは思ってます」

次のページお芝居とか変なことしなくても、ライブ1本2時間半とかを見せれるようになったっていう意味での進化はできた
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする