「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール

「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 西槇太一photo by 西槇太一
前夜祭に電気グルーヴとPerfumeの夢の対バンが実現した「Perfume FES!! 2017」の2日目は、Perfume憧れのチャットモンチーを迎えた両想い対バンとなった。昨年はチャットモンチーが地元徳島で開催した「こなそんフェス」にPerfumeが出演。ジャンルは違えども同年にメジャーデビューを果たして交流を深めてきた彼女たちが、この「Perfume FES!!」で同じステージに立つことは、もはや必然と呼んでいいものだったと思う。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 上山陽介photo by 上山陽介
橋本絵莉子と福岡晃子が互いに向き合ってキーボードを弾く“恋の煙”からチャットモンチーのライブは幕を開けた。ふたりになって以降、様々なスタイルに変身し続けるチャットモンチーだが、「チャットモンチー・メカ(仮)」という冠をつけて同期+生音の演奏で届けるのがいまのスタイル。スチャダラパーとのコラボで「スチャットモンチー」として発表した“M4EVER”では緩いラップを披露したりと、フレキシブルな発想でステージを作り上げていく。えっちゃんがアコギ、あっこがベースを弾いて届けた“いたちごっこ”のあと、Perfumeのカバー“TOKYO GIRL”を、えっちゃんがエレキギター、あっこがドラムを叩く編成で披露。イントロでは全く曲名を予想できず、歌い始めてようやく喝采が湧くような完全チャット流のアレンジで聴かせたあと、「私たちもPerfumeを好きってわかってくれたかな?」というあっこの表情がとても嬉しそうだった。ラストは“風吹けば恋”と“シャングリラ”。いま風に生まれ変わったバンドの代表曲でPerfumeへとバトンを託した。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 上山陽介photo by 上山陽介
誰もが次はPerfumeの出番かと思われたところで、スクリーンに「SECRET GUEST」の文字が映し出された。なんとここで渡辺直美が登場したのだ。会場にサイレン音が響き渡り繰り出された“Ring The Alarm”から、ダンサーを従えた“Crazy In Love”などビヨンセの楽曲にあわせて、渡辺直美が豊満なボディを激しく揺らし、セクシーに腰をくねらせて魅せる破壊力のあるダンスに会場の目は釘付けだった。後のMCでかしゆかは「東京ガールズコレクションだったよね!」と興奮気味に話したが、最後まで芸人として笑いをとるような場面もなく、ただパフォーマンスのみで圧倒した渡辺。世界を股にかける稀代のエンターテイナーの貫禄は凄まじかったが、そんな渡辺と交友があり、自身のフェスにシークレットゲストとして迎え入れることができるのもPerfumeの懐の深さだろう。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 西槇太一photo by 西槇太一
幕張メッセの高い天井から降り注ぐ美しい光の演出に会場のボルテージが高まるなか、センターステージの地面がせり上がりPerfumeの3人が姿を表わした。まるで蝶のように優雅に舞うダンスが印象的な和テイストの最新シングル“TOKYO GIRL”からPerfumeのライブはスタート。まずは最新曲で彼女たちの現在地を見せつけたあと、“I still love U”が続いた。ズンズンと身体に響くビートに対して強いコントラストを放つセンチメンタルなメロディ。カンフーを取り入れたキレのあるダンスで魅せた“FLASH”から、ブルーを基調とした衣装へと早着替えをした“Magic of Love”へと、冒頭から新旧織り交ぜた先の読めない選曲でイントロが鳴るごとに会場からは熱い歓声が湧きあがった。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 河本悠貴photo by 河本悠貴
そのステージは互いの動きがほんの数センチでもズレたら調和が崩れてしまうような緊張感があるが、一転してMCではほのぼのとした口調で3人が対バン相手への想いを語り出した。「やっとチャットモンチーさんとの対バンの夢が叶いました」(のっち)、「渡辺直美ちゃん、ビヨンセの声なのに直美ちゃんの身体から声が出てるみたいだったよね」(かしゆか)、「(チャットモンチーは)ふたりになってパワーアップするってスゴい。うちらの青春の全てなんよ。『告白』は擦り切れるぐらい聴いてた」(あ~ちゃん)。特にのっち曰く「チャット狂」なあ~ちゃん愛の深さは短いMCの時間では到底語り尽くせないほどだった。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 河本悠貴photo by 河本悠貴
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 上山陽介photo by 上山陽介
そのあともチャットモンチーの衣装のアクセントになっていたキラキラの「付け襟」をフィーチャーしたコール&レスポンスで盛り上げたり、チャットモンチーのリクエストに応えて久しぶりに“Baby crusing Love”を披露したり、チャットモンチーが楽曲提供した“はみがきのうた”(まるで「みんなのうた」みたいな可愛い曲)で大合唱を起こしたり、この日は隅々までPerfumeからチャットモンチーへの想いが溢れたステージだった。ライブのクライマックスはお客さんの頭上をレーザーが激しく飛び交うなかで届けた“FAKE IT”、上下上上・下上下下のダンスで会場が一体になった“Puppy love”で会場を無数の笑顔で包み込んだPerfume。アンコールで再びチャットモンチーのふたりと渡辺直美を呼び込むと、再び“はみがきのうた”を大合唱して夢の一夜を名残惜しそうに締めくくった。
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 河本悠貴photo by 河本悠貴
「好きと好きが合わさったら爆発するんじゃないかということで始まった」(あ~ちゃん)という「Perfume FES!!」だが、この日はその意図を体現するような「大好き」が溢れた対バンだった。親愛を込めてお互いを「ちゃんづけ」で呼び合う彼女たちがステージ上で見せる隠しようもない喜び。そこに誇張は一切なく、ピュアにリスペクトを寄せ合う者同士の楽しげな姿が、自然と見る人を温かい気持ちへと導いてくれた。今年は大阪・名古屋での追加公演が発表された「Perfume FES!! 2017」。まだまだ幸せな時間は続いていきそうだ。(秦理絵)
「Perfume FES!! 2017」/幕張メッセ国際展示場 9 - 11ホール - photo by 上山陽介photo by 上山陽介

●セットリスト
・CHATMONCHY
1 恋の煙
2 隣の女
3 M4EVER
4 いたちごっこ
5 TOKYO GIRL(Perfumeカバー)
6 Majority Blues
7 Magical Fiction
8 こころとあたま〜湯気
9 風吹けば恋
10 シャングリラ

・Perfume
1 TOKYO GIRL
2 I still love U
3 FLASH
4 Magic of Love
5 Baby crusing Love
6 宝石の雨
7 GAME
8 FAKE IT
9 Miracle Worker
10 Puppy love
コラボ はみがきのうた

終演後ブログはこちら↓
【速報】Perfume、チャットモンチーを迎えた相思相愛の「Perfume FES!! 2017」 を観た!
http://ro69.jp/blog/ro69plus/161675

最新ブログ

フォローする