YUKI/横浜アリーナ

YUKI/横浜アリーナ
●セットリスト
1:暴れたがっている
2:プレゼント
3:ドラマチック
4:ハローグッバイ
5:名も無い小さい花
6:the end of shite
7:私は誰だ
8:こんにちはニューワールド
9:tonight
10:レディ・エレクトリック
11:プリズム
12:ひみつ
13:バスガール
14:メランコリニスタ
15:ランデヴー
16:ワンダーライン
17:JOY
18:Hello!
19:相思相愛
20:恋愛模様
21:2人のストーリー
22:聞き間違い
23:さよならバイスタンダー
24:鳴いてる怪獣
25:WAGON
26:トワイライト

YUKI/横浜アリーナ
SEが鳴り響き、フラッシュライトの点滅に包まれたステージ。ツアータイトル「Blink Blink」の意味する「まばたき まばたき」をイメージさせる演出によって、早くも刺激的な世界と化していた横浜アリーナ。ステージ後方の高台にYUKIが現れると、観客の間から激しい歓声が沸き起こった。1曲目を飾ったのは“暴れたがっている”。ドレスを揺らしながら歌う彼女の不死鳥のような神々しさが、鮮烈に胸に焼き付くオープニングであった。

3月にリリースした8thアルバム『まばたき』を引っ提げて全国を回った今回のツアーは、デビュー15周年をファンと共に祝う空間にもなっていた。『まばたき』の収録曲を全編に散りばめつつ、お馴染みの曲もたっぷりと盛り込んでいたセットリストは、彼女の現時点での集大成だったと言っていいだろう。序盤で“ドラマチック”と“ハローグッバイ”が続けて披露され、ますます熱くひとつになっていた会場。歌う喜びを全身に溢れ返らせながら歌うYUKIの姿が、とても眩しかった。

工夫を凝らした演出が施されていた全篇は、片時も目を離すことを許さなかった。異彩を放つ場面はいろいろあったが、特に印象深かったのは“tonight”の後に迎えたインターバルだ。YUKIは衣装チェンジのために一旦ステージから去ったのだが、大型スクリーンに流れたウィットに富んだ映像が観客を大喜びさせていた……手にした風船の浮力で空中遊泳をしたり、風力発電の羽根を掴んでぶら下がったり、スペースシャトルの燃料タンクにつかまって宇宙へ飛び出したり……粗い処理で合成したシュールな場面が飛び出す度に和やかな笑いが起こっていた。

YUKIの身体が閃光を発する姿をリアルタイムで合成してスクリーンで流すという斬新な演出で盛り上げた“レディ・エレクトリック”を皮切りに突入した中盤も、多彩な曲で楽しませてくれた。観客を一際沸かせたのは、バスガイドのコスプレをしたYUKIの映像が流れた“バスガール”。満面の笑みを浮かべながら歌っていた彼女は、エンディングで客席を背景にして記念撮影。親しみやすい可愛らしさに満ちたひと時であった。

YUKIがセンターステージまで移動し、観客と一緒に踊った“JOY”を経て突入したアコースティックコーナーは、アットホームなムードを醸し出していた。トランペット、トロンボーン、ギターのスライドプレイで彩った牧歌的なサウンドに囲まれながら、シェイカーを振って歌った“Hello!”。アコースティックギターを弾きながら歌う彼女が、バンドメンバーたちとの合奏を楽しんでいるのが伝わってきた“相思相愛”……アコースティックアレンジの2曲を披露した後、15年間応援してくれたファンへの感謝の言葉が届けられ、観客は彼女を心から讃える拍手と歓声を送っていた。

フライングVを弾きながら歌い、ロックスターとしての力強い存在感を光らせていた“鳴いてる怪獣”。観客とコール&レスポンスを交わしながら歌っていた表情が、とても幸せそうだった“WAGON”。そして、ラストを飾ったのは“トワイライト”。発射された銀テープを握りしめ、全身から声を発するかのようにダイナミックに歌っていた姿は、様々な可能性を追求してきた15年間の活動の濃厚さを自ずと体現していた。歌い終えると、アウトロが響き渡る中、ステージを後にした彼女。アンコールは行われないまま終演を迎えたが、横浜アリーナは完全燃焼の熱気で完璧に包まれていた。YUKIの計り知れない魅力、音楽に対するピュアな情熱の結晶体だったと言ってもいい全26曲。今後の活動への期待も果てしなく高まるライブであった。(田中大)

最新ブログ

フォローする