HEY-SMITH/Zepp Tokyo

HEY-SMITH/Zepp Tokyo - All photo by HayachiNAll photo by HayachiN
ニューアルバム『Life In The Sun』を携えて昨年11月からスタートし全国を回ってきた「Life In The Sun TOUR 」。そのファイナルシリーズが、4月18日東京・Zepp Tokyoでキックオフした。

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo

この日のゲストである10-FEETの登場SEが響きわたるや、地から湧き上がるような凄まじい勢いで歓声が起こり、1曲目の“goes on”とともに観客はジャンプやコールで会場を揺るがして、早くも興奮のピークへと駆け上っていく。百戦錬磨のライブバンドたる、爆発力のあるステージだ。TAKUMA(Vo・G)はさらに、「それなりの覚悟できています」と切り出し、「HEY-SMITHのツアーのゲストは、ええライブしないと通用しない。手加減されたくないし、したくない」と語ると怒涛のパワーで、フロアをコテンパンにしていく。HEY-SMITH所属レーベルオーナーのリクエスト“nil?”や猪狩秀平(G・Vo)のリクエスト“4REST”も交え、また“1sec.”では「もっと気合い入れてこんかい!」と曲を止めてやり直しさせるなど、観客の汗を絞れるだけ絞り取っていく容赦のなさは、対バン相手として最高の存在だろう。またこの真摯で熱量の高いライブは、HEY-SMITHへのリスペクトがあってこそだ。観客と真っ向勝負を繰り広げ10-FEETから渡ったバトンは、相当に重く熱い。

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo

士気が上がるオープニング映像、そしてSEと大歓声のなか登場したHEY-SMITH。アルバム『Life In The Sun』を幕開ける“Soundtrack”でスタートし、最高のシンガロング・チューン“Not A TV Show”、そして“Dandadan”、“Radio”とテッパンの曲を連投すると、フロアはもみくしゃだ。同時にステージ上も、満(Sax)、かなす(Tb)、イイカワケン(Tp)のホーン隊が走り回りダイナミックにプレイして、観客の興奮に燃料を投下する。“Over”ではTask-n(Dr)の鋭いビートに押され全員が最前線に躍り出て、フロアをかき回す勢いだ。元気なフロアに「ヤバイな、お前ら。喋るよりも気持ち伝わる気がするわ」と語る猪狩。「音楽は唯一、合法のドラッグ。だいぶ効くぞ」とダビーなパートで深く酔わせる“Fog And Clouds”から重厚なギターリフとYUJI(B・Vo)のハイトーンで脳天を揺らす“Drug Free Japan”へと、変幻自在なアンサンブルでもって観客を遊ばせる。前半からクライマックスを更新中だ。

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo

最新作『Life In The Sun』を中心に据えつつ、これまでのアルバム4作、ミニアルバムからもバランスよく組まれたセットリストは、さながらオールタイムベストだ。新たなメンバーを迎えた緊張感と、硬質なテーマで制作された前作『STOP THE WAR』(2016)に対し、『Life In The Sun』はタイトルにもあるようなリラックスしたなかで生まれた。ライブを重ね6人でひとつのバンドとしての筋力がつき、研鑽してきた時間を経て、バンドにまつわる負荷がないなかで生まれたからこその、ピュアなパンク精神や音楽的なハングリーさや音の持つ高いエネルギーが形になったのが最新作である。その音楽、バンドの高揚感が、今回のツアーでは鮮烈にほとばしっていてとてもタフだ。既発曲にもその心意気が吹き込まれ、よりエモーショナルに、より力強く響くものとなっている。

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo

後半は、隣の子たちと肩を組みシンガロングする“Lonely With Everyone”、激しいステップを踏ませる“We Sing Our Song”、また“Goodbye To Say Hello”では猪狩が自分の人生を築くことについて熱いメッセージを投げ、「元気がないときは、俺たちがいつでもライブハウスで待っているから」と言ってフレンドリーに、包容力のあるアンサンブルを聴かせた。

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo

ラストは“I’m In Dream”を、そしてアンコールでは「音楽で世界は変わらない──なんて思ったことは一度もない」と“Stop The War”等をプレイし、HEY-SMITHというパンクバンドの姿勢を突きつけるライブとなった。(吉羽さおり)

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
HEY-SMITH/Zepp Tokyo


●HEY-SMITHセットリスト
1.Soundtrack
2.Not A TV Show
3.Dandadan
4.Radio
5.California
6.Don't Try So Hard
7.Over
8.Fog And Clouds
9.Drug Free Japan
10.Stand Up For Your Right
11.The First Love Song
12.Don't Worry My Friend
13.Like A Gentleman
14.Go Back Home
15.No Worry
16.No Mates
17.Summer Breeze
18.Lonely With Everyone
19.We Sing Our Song
20.2nd Youth
21.Goodbye To Say Hello
22.I'm In Dream
(アンコール)
EN1.Stop The War
EN2.I Will Follow Him
EN3.Let It Punk
(Wアンコール)
WEN1.True Yourself

HEY-SMITH/Zepp Tokyo
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする