ミネソタ州知事、8月2日を「ポール・マッカートニーの日」に制定

ミネソタ州知事、8月2日を「ポール・マッカートニーの日」に制定 - (C)2013 MPL Communications Ltd / Photographer: MJ Kim(C)2013 MPL Communications Ltd / Photographer: MJ Kim

現在、北アメリカをツアー中のポール・マッカートニーだが、8月2日がミネソタ州でポール・マッカートニーの日として制定されたという。

2日にポールはミネソタ州ミネアポリスのターゲット・フィールド球場でライヴを敢行したが、マーク・デイトン州知事は2日をミネソタ州住民が「一つとなって歴史上最大の影響力とインスピレーションを誇るミュージシャンを称える」日として制定することを公式に宣言した。

今回のライヴはポールにとってミネソタ州で4度目の公演で、2005年以来初となるものだったという。ポールはミネソタ州ではザ・ビートルズとして1965年に初めてミネアポリスのメトロポリタン・スタジアムでライヴを行っている。

ポールはウィルス性炎症により体調を崩したため、5月17日の東京公演より「アウト・ゼアー」ツアーを中止していたが、先月のニューヨーク・オールバニ公演よりライヴ活動を再開している。オールバニ公演でポールは観客に「戻って来られて本当に嬉しいよ」と語り、"エイト・デイズ・ア・ウィーク"を皮切りに約3時間に及ぶセットを届けている。

なお、5月の日本公演と韓国公演は中止となったが、6月のアメリカ・ツアーの6公演分については10月に順延となっている。

(c) NME.COM / IPC Media 2014

最新ブログ

フォローする