スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました

スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました

スピッツの結成30周年を記念して、「ION×SPITZ特製ポータブル レコードプレーヤー」が発売される。そのお披露目会が開催され、清水ミチコ、酒井美紀、岩井勇気(ハライチ)、つば九郎(東京ヤクルトスワローズ公式マスコットキャラクター)によるトークイベントが行われた。同イベントをrockin’on .com編集部が取材、その模様をレポートする。


スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました
まず、ゲストの岩井勇気、酒井美紀、清水ミチコが登場すると、スピッツにまつわる話を展開。
岩井「生まれながらのファンです。30歳なので、スピッツと同じ歳なんです。最近芸能界でもスピッツファンを公言している人(杏など)も多いですが、芸能界随一のファンです。今日もスピッツのTシャツを着てきました。藤井四段もスピッツを聴いているそうで。あと、本日は小池百合子都知事もいらっしゃってるそうで……」
清水「そうですねー、わたくしもスピッツファーストでございまして……(小池都知事のモノマネ)。私も、スピッツ作曲法ネタをやるくらい好きです。スピッツから依頼があってライブでも『完コピしたいくらい』と言われたくらいで。歌詞がスッと入ってくるところが魅力ですね。自分の中にサンクチュアリがあるのがわかります」
酒井「自分がパーソナリティを務めているラジオでよくかけます。ドラマ『白線流し』の主題歌だった“空も飛べるはず”が私の『この1曲』です。当時撮影スタジオの廊下でプロデューサーが『主題歌をこれにしようと思う』と聴いたのが初めてでした。それがスピッツとの出会いです。まだドラマがオンエアされていなかったので、曲を聴いたことでイメージがクリアになって撮影できました」

スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました - 試聴中のステージ試聴中のステージ
そしてレコードプレーヤーの紹介へ。同商品は、レコードプレーヤーの販売会社のスタッフがスピッツ好きだったために生み出された商品だという。またスピッツのアナログ盤は、普通のアナログ盤が130グラムの重さであるのに対し、180グラムもあることもここで明かされた。

一通り商品の説明がなされた後、イベントはレコードプレーヤーを用いた試聴タイムへ。今回試聴音源としてかけられたのは、酒井が出演した『白線流し』の主題歌である“空も飛べるはず”、岩井が一番好きだという“冷たい頬”、清水が好きな“みなと”の各ワンフレーズ。

“空も飛べるはず”を聴いた酒井は、「ドラマ撮影時のことをいろいろ思い出しますね。アナログ盤の音は温かみがあって味があっていいですよね」とコメント。
“冷たい頬”では、岩井が「これは僕が小学校の頃のCMソングだったんですよ。裸の女性が隠しながらカメラで撮ってるみたいなCMで、小学生ながらにドキドキしてましたね、スピッツ聴きながら」と言うと、清水がすかさず「それ映像じゃん!」とツッコミを入れる。岩井は健気な表情で「でも曲もめちゃくちゃ好きですよ」とコメントを返した。
“みなと”を聴いた後、清水はしみじみと「レコードプレーヤーに合ってるバンドだなと思うんですよ。オーソドックスなことをやりながら、他のバンドよりも新しいことをいつもしていくっていう感じがすごい合ってるなと思いました」と語った。

スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました
スピッツの曲をレコードプレーヤーでじっくり味わった後、「スピッツにゆかりある方」として、東京ヤクルトスワローズの公式マスコットキャラクターであるつば九郎が登場。
実はつば九郎が“チェリー”をバックに踊る動画がネットに投稿されており、それがファンの間で話題を呼んでいるという。この日も音楽と観客の手拍子に合わせ、手足をリズムよく動かしてダンスを披露し、観客からの拍手を浴びていた。

その後、つば九郎はスケッチブックでMCと会話をする。「もともとスピッツがお好きだったんですか?」「白線流しから」、「一番好きな曲はなんですか?」「ちぇりー」、「他の曲で踊る予定はありますか?」「とくにない」と答え、観客の笑いを誘っていた。

スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました
スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました
スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました
最後はそれぞれがスピッツの魅力について熱弁。
岩井「テンション上げたいときも落ち込んでいるときもどっちでも聴けるのがスピッツのいいところ。白米みたいなバンドですよ(笑)」
酒井「スピッツの曲を聴きながら想像を巡らせるんですけど、短編映画を作りたくなるような曲が多いなと思いまして。それがとても素敵だなと思います。歌詞を読んでいて『これってどういうことだろう?』っていうことがあるんですけど、それがリスナーの想像力に任せているというか、こちらの無限の想像力の中で作っていける余白みたいなものがあって、それが素敵だなと思います」
清水「CDよし、ターンテーブルよし、ライブよしっていう感じで、それぞれ違う形で楽しめますよね。あとバンドを30年続けられるっていうのもすごいなと思います」
ちなみにつば九郎はスケッチブックに「新しい仕事が増えた」と書き、今回のイベントの感想としたものの、岩井の「でも草野(マサムネ)さん、ソフトバンクファンだから!」というツッコミに、「ショック」と言わんばかりの落ち込んだようなジェスチャーを見せた。

こうして、スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目イベントは幕を下ろした。(中川・笠原)

スピッツ結成30周年記念レコードプレーヤーのお披露目会に行ってきました - 会場に飾られていたスピッツのアナログ盤会場に飾られていたスピッツのアナログ盤
【10リスト】スピッツ、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
1987年のバンド結成から今年で30年。日本のロック/ポップミュージックの至宝と呼ぶべき名曲を数多く発表しながらも、時代の趨勢に歩みを乱されることもなく、メンバーチェンジや活動休止もなく、確かな足跡を僕らの心と記憶に残してきたスピッツ。それこそキャリアのどこを無作為に抽出しても「一生聴き続けられる…
【10リスト】スピッツ、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする