『ツイン・ピークス』でクロマティックスが再び演奏。同作に合わせ制作された新作収録曲

『ツイン・ピークス』でクロマティックスが再び演奏。同作に合わせ制作された新作収録曲

日本でもついに放送が開始した『ツイン・ピークス The Return』だが、第2話に出演し劇中の「バン・バン・バー」で“Shadow”を演奏したクロマティックスが最新話の第12話に再出演した。


今回のエピソードでは、ジョニー・ジュエルが『ツイン・ピークス The Return』に合わせてソロ名義でリリースしたアルバム『Windswept』の収録曲、“Saturday”を演奏している。

クロマティックスのプロデュースを務め、バンドのメンバーでもあるジョニー・ジュエルは長年に渡りデヴィッド・リンチのファンを公言している。


なお、クロマティックスはロサンゼルスで開かれた『ツイン・ピークスThe Return』プレミア上映会のアフター・パーティーでも演奏を行っていたようだ。

関連記事はこちら。

『ツイン・ピークス』の見所のひとつ〈バン・バン・バー〉とは? 新シリーズでの進化も解説
90年代の初め、大ブームを巻き起こしながら、多くの謎が解決しないままに幕を閉じ、それ以後アメドラ界の「伝説」として語り継がれてきたTVドラマ『ツイン・ピークス』。 しかし、今年の5月、デヴィッド・リンチが全エピソードを監督する形で、「まさか!」の新シリーズ『ツイン・ピークス The …
『ツイン・ピークス』の見所のひとつ〈バン・バン・バー〉とは? 新シリーズでの進化も解説

最新ブログ

フォローする