山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く

  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 山田孝之×阿部進之介

    山田孝之×阿部進之介

  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 山田孝之

    山田孝之

  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 阿部進之介

    阿部進之介

  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 山田孝之×阿部進之介
  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 山田孝之
  • 山田孝之プロデュース映画、2018年公開。阿部進之介主演で「人間の善悪」を描く - 阿部進之介
山田孝之がプロデュース、阿部進之介が主演を務める映画『デイアンドナイト』が今年11月から撮影開始される。

今回山田は裏方に徹底するとのことで、一切出演せず、プロデューサー業務に専念。ロケ地の交渉やロケハン、オーディション審査、スポンサーとの交渉、脚本やキャスティングなどにも自ら意見しながら撮影に向けて準備を進めているという。

主演を務める阿部進之介は今作が長編映画初主演となり、自ら企画・原案も務める。山田と阿部は、脚本開発会議を積極的に主催し、自らセリフを読み上げ演技を交えながら、言い回しなどの細かい部分まで確認、脚本会議は12時間以上に渡るときもあるという。

同映画のテーマは「人間の善悪とは」。実直で正義感が強かった父親の自殺をきっかけに、実家に帰ることになった主人公が、父親の死の真相を探るうちに裏の顔があったことを知る。昼と夜、表と裏、善と悪、人間の持つ二面性に振り回されるうちに、やがて自分も裏稼業に染まっていく――というストーリー。監督はドラマ『100万円の女たち』や映画『7s/セブンス』、『光と血』などを手掛けている藤井道人、脚本は小寺和久が務める。

ロケ地は秋田県鹿角市と三種町。山田と阿部も自ら秋田へ出向き、市長らと会談を行い、熱い想いを直接伝えたという。主演以外のキャストは現在検討中で、オーディションで広く募集する。オーディションには山田と阿部も参加し、相手役を務め、審査にも加わることになっている。


【山田孝之(プロデューサー)コメント】
優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました。荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方はしたくない。

秋田県、鹿角市、三種町へ向けてのコメント
今回、映画「デイアンドナイト」の撮影で秋田県鹿角市、三種町でロケをさせて頂くことになりました。今年2月挨拶も兼ねてロケハンに行った際、自然が多く素敵な環境に撮影がとても楽しみになりました。撮影は早朝から深夜に及ぶこともありますが、皆様にご迷惑とならないよう、チーム一丸となり心に響く作品を完成させたいと思います。


【阿部進之介(主演)コメント】
私と藤井監督との出逢いで生まれたこの企画が、多くの仲間の助けを得て1つの映画に成ろうとしている事を、大変嬉しく思っています。今はただ、私が演じる『明石幸次』という人間を愛する事に注力したいです。そして、その先に何が待っているのかを確かめたいと思います。


【藤井道人(監督)コメント】
阿部さんと「デイアンドナイト」の企画をスタートさせたのは4年前の話のことです。
「人の善意や悪意はどこからやっていくるのか」というテーマに向き合って、脚本の改稿は数十回に及びました。
山田さんをはじめ、たくさんの方の支えがあって本作がクランクイン出来ることに感謝しています。
既成の概念や枠を飛び越えた作品になるように、スタッフキャスト共に団結して完成させたいと思います。



最新ブログ

フォローする