プリンスの妹タイカ、数百時間分の未発表音源をリリースする予定を明かす

プリンスの妹タイカ、数百時間分の未発表音源をリリースする予定を明かす

4月に急逝したプリンスだが、数百時間分に及ぶ未発表音源のストックが今後、遺作として公開されていく予定だ。

プリンスの妹のタイカ・ネルソンが「The Sun」紙に語ったところによると、ペイズリー・パークの自宅兼スタジオに保管されてあった未発表音源について、生前のプリンスは「いつかファンの耳に届けたい」と話していたという。

「あの音源をいつかリリースするというのがプリンスが望んでいたことなんです。わたしはプリンスが望んでいたことを実現したいと思います。(残された)わたしたちとしては、すべてものを保存していかなければなりません。だから、心配しないで。リリースできる状況になったらすぐにでもリリースします」


音源にはデモや楽曲の別バージョンのほか、ライブ映像やライブ音源もふんだんに含まれているという。さらに、プリンスの遺産管財の今後の事業について、タイカは次のように説明している。

「プリンスが音源をリリースしたがっていた意思があるのであれば、音源はリリースされていくことになります。博物館を作りたかったとも言っていたので、それも今準備中です。プリンスは学校も作りたがっていたと聞いています。わたしは、それも実現していきたいと思っています」

なお、未発表音源のリリースの日程などはまだ発表されていない。

最新ブログ

フォローする