元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロプロジェクト「warbear」始動。リリース&ツアー決定

元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロプロジェクト「warbear」始動。リリース&ツアー決定
昨年10月11日の武道館公演を持って活動を終了したGalileo Galileiのフロントマン・尾崎雄貴が、ソロプロジェクト「warbear(ウォーベアー)」として新たな活動を開始する。

あわせて、warbearの1stアルバム『warbear』が12月6日(水)にリリースされることが決定した。

本作は、札幌にある自身のスタジオ「わんわんスタジオ」でそのほぼ全てを、自分の手によってレコーディング。ミックスエンジニアには、古くはダイナソーJr.からグループラヴフリート・フォクシーズバンド・オブ・ホーセズなどのミックスを手掛けたPhil Ek、そしてザ・ウォー・オン・ドラッグス、ジョーン・オズボーンのミックスをはじめ、フィラデルフィアのインディーシーンを支えるBrian McTearをエンジニアに迎え、Greg Calbiがマスタリングを担当。また、アートワークは、The 1975ゼッドなども手がけるデザイナー、Samuel Burgess-Johnsonを起用した。

作品のプロデュースも尾崎雄貴自身が手がけ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、デトロイト出身でフィラデルフィアで活動しているサックスプレイヤーDan Wallace、音楽の師と仰ぐCo-Producer中山賢一などの協力により、ギター、シンセサイザー、メロトロン、バンジョー、マンドリン、フルートなどを使用し多彩な音楽性を1枚のアルバムにまとめているという。

そしてこの作品をもとに年明け1月から全国ツアーの開催が決定。チケットのオフィシャルHP先行受付も同時にスタートした。

最新ブログ

フォローする