マイブラのケヴィン、新作のリリース時期について発言。前作とは趣を異にした作風に?

マイブラのケヴィン、新作のリリース時期について発言。前作とは趣を異にした作風に?

来年には「間違いなく、100パーセント」ニュー・アルバムをリリースすると発言していたマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが、新たにリリースの時期や作風についても話していたことが分かった。

「Rolling Stone」によると、バンドが現在「健康的な状態にある」と話すケヴィン・シールズは来年の夏の新作リリースを目指し制作中とも発言していたという。

そして来年の1月に『ラヴレス』と『イズント・エニシング』のアナログ・リマスター盤のリリースを控えているバンドだが、ケヴィンはその2枚と『m b v』の作風を語りつつ、新作の方向性についても以下のように語っていたようだ。

『イズント・エニシング』は形而上学的な作品だった。とてもセクシュアルだったし、狂気との付き合いかたを模索するようなね。僕たちが無一文だった時代の日記みたいなものだったんだ。

それに比べて『ラヴレス』はもう少し深くてプライベートな作品。そして『m b v』は何かの終わりのような感じだった。(中略)僕が90年代に考えていたような死と変化、そして世情について描いていているから、懐古的要素もある。

でも僕が今作っているアルバムには、死や変化といったテーマはあまり含まれていなくて、魂の解放っていう方に近いかな。


My Bloody Valentine - Feed Me With Your Kiss
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする