ゴールデンボンバー新作に岡崎体育、キュウソ・セイヤらがコメント。鬼龍院による似顔絵も

ゴールデンボンバー新作に岡崎体育、キュウソ・セイヤらがコメント。鬼龍院による似顔絵も
ゴールデンボンバーが、アルバム『キラーチューンしかねえよ』の特設ページをオープンした。


特設ページには、金爆が最近関わったアーティストである、大竹しのぶ、岡崎体育氣志團の綾小路 翔、キュウソネコカミのヤマサキ セイヤ、グッドモーニングアメリカの金廣真悟、武田真治超特急のユーキ(5号車)、T-BOLANの森友嵐士、HAKUEI、BREAKERZのDAIGO、ベッド・イン、マキタスポーツMUCCの逹瑯、ライスの関町知弘と田所仁、忘れらんねえよの柴田隆浩のコメントが掲載されている。なお「コメント依頼のときに写真をもらうのを忘れた」とのことで、鬼龍院が描いた似顔絵もコメントとともに掲載されている。

関連記事はこちら。
今週の一枚 ゴールデンボンバー『キラーチューンしかねえよ』(+「初聴き先行披露ライブ」レポ)
オリジナルアルバムとしては『ノーミュージック・ノーウエポン』以来2年7ヶ月ぶりとなる新作。自信満々のタイトルからも窺えるようにたっぷり笑えるし盛り上がるのだが、それだけではなくて「いい曲だなあ」と思わず浸ってしまう瞬間が何度も訪れる。鬼龍院 翔(Vo-karu)が執念で掴んだグッド…
今週の一枚 ゴールデンボンバー『キラーチューンしかねえよ』(+「初聴き先行披露ライブ」レポ) - 『キラーチューンしかねえよ』

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする