レディオヘッドの“Creep”を最も愛しているのは「38歳の男性」? 新説が発表に

レディオヘッドの“Creep”を最も愛しているのは「38歳の男性」? 新説が発表に

年齢、およびジェンダーの差によって音楽の嗜好性に変化が生じるとする新たな研究が発表され、その統計によるとレディオヘッドの“Creep”を最も愛しているのは「38歳の男性」だと明らかになった。

これは「The New York Times」誌のコラムとしてSeth Stephens-Davidowitzが自身の研究を発表したもので、彼がこの研究を思いついたのは、ブルース・スプリングスティーンの“Born To Run”を巡って、自分と兄弟の間で嗜好性に差が出たことがきっかけだったという。


同じ環境で育ったにもかかわらず、Stephens-Davidowitzは“Born To Run”が好きだったが、彼の兄弟はそうではなかった。このことから、年齢、世代といったファクターが、音楽の嗜好性に大きな影響をおよぼしていると考えたという。

Stephens-DavidowitzはSpotifyのストリーミング・データを年齢、およびジェンダーに分けて分析。女性は13歳当時に聴いていた音楽に最も影響を受け、男性は14歳の時に聴いていた音楽により、成人後の音楽嗜好に影響を受けるという仮説を導き出した。

そしてこの分析によると、レディオヘッドの“Creep”を最も好んで聴いているのは「38歳の男性」であるとわかった。“Creep”は38歳男性に人気のある曲としては164位だったが、他の年代、および女性の統計では300位以内に入っていないという。


また、男性は14歳の時に聴いていた音楽により、成人後の音楽嗜好に影響を受けるという仮説に対し、38歳男性が14歳だった1993年に“Creep”がリリースされていることも指摘されている。

ちなみに同研究によると、ザ・キュアーの“Just Like Heaven”を最も好んで聴いているのは41歳の女性、サヴェージ・ガーデンの“Truly Madly Deeply”は“Creep”と同じく38歳の男性だという。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする