『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤がリリース。主題歌を手がけたスフィアン・スティーヴンスのコメントも

  • 『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤がリリース。主題歌を手がけたスフィアン・スティーヴンスのコメントも
  • 『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤がリリース。主題歌を手がけたスフィアン・スティーヴンスのコメントも
  • 『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤がリリース。主題歌を手がけたスフィアン・スティーヴンスのコメントも
  • 『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤がリリース。主題歌を手がけたスフィアン・スティーヴンスのコメントも

4月27日より日本公開となる映画『君の名前で僕を呼んで』のサントラ国内盤が本日3月21日にリリース。同映画の主題歌を手掛けたスフィアン・スティーヴンスによるコメントが公開された。

同作品は第90回アカデミー賞で脚色賞を受賞、スフィアン・スティーヴンスが手掛けた主題歌“Mystery of Love”は歌曲賞にノミネートされていた。

スフィアンはオリジナルの楽曲の制作に至るまでの過程について、以下のようにコメントしている。

そもそも僕は映画の中での曲の使い方があまり好きじゃないんだ。それに(監督の)ルカが最初に声かけてくれた時は、僕はツアー中で忙しかったんだ。

でも一旦電話で話してからはとんとん拍子に事が進んだ。ツアーを終えて家に帰って脚本と原作本を読んだら、すぐに曲のアイディアが固まった。数日で書き上げたよ。すごく楽に出来た。


また、今作の監督で楽曲制作を依頼されたルカ・グァダニーノ監督についても、スフィアンは以下のように述べている。

彼は最初から彼と僕との間で、監督とソングライターとして、僕たちは理解し合ってシンクロしていると分かっていたんだ。初めてこの映画を見た時、始まる前に彼から「この映画は君の音楽へのオマージュだということを知っていて欲しい」と言われて、照れてしまった記憶がある。

でも映画を見終わったときに、彼が言った意味を理解したんだ。(この映画は)僕へのオマージュとかそんなことではなく、確かな音楽的で審美的な世界へのオマージュなんだと。



なお、スフィアン・スティーヴンスは第90回アカデミー賞の授賞式にてセイント・ヴィンセントらと“Mystery of Love”を披露している。

『君の名前で僕を呼んで』サントラと映画の詳細は以下。


公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする