リアム、新作の制作に入ったことを宣言。前作に続きG・カースティン、A・ワイアットとの共作

リアム、新作の制作に入ったことを宣言。前作に続きG・カースティン、A・ワイアットとの共作

リアム・ギャラガーがニュー・アルバムの制作に入ったことが明らかになった。

昨年10月にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしたリアムだが、早くも2ndアルバムの制作がスタートしたようだ。

これは彼のツイートで明らかにされたもので、最初の新曲ライティングのセッションが行われたことを認めている。このセッションは『アズ・ユー・ワー』と同じくグレッグ・カースティン、アンドリュー・ワイアットと共に行われたという。

リアムのツイートはこちら。

「グレッグ・カースティンとアンドリュー・ワイアット、またの名をTHE ARMYとライティングのセッションを終えた。歴史に残るサウンドだぜ」

リアムは4月にも新作の制作をLAで行う予定であることをツイートしていた


なお、リアムはローリング・ストーンズのUKツアーでオープニング・アクトを務めることが決定している。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする