【完全解読】リアム・ギャラガー『アズ・ユー・ワー』は、これを読みながら聴け

【完全解読】リアム・ギャラガー『アズ・ユー・ワー』は、これを読みながら聴け

リアム・ギャラガーのソロ・デビュー・アルバム、『アズ・ユー・ワー』が見事全英初登場1位を奪取!リアムも「ロックンロールが正式にナンバー・ワンになったぜ」と喜びの勝利宣言をツイートしていたが、今回のチャート・アクションでもうひとつ注目すべきは、『アズ・ユー・ワー』の初週セールスの90%以上がフィジカルとダウンロードの売上げによるものだったということだ。このストリーミング全盛時代にあって驚くべき比率だが、CDやアナログ(ちなみにアナログ盤チャートでももちろん1位)として物理的に「手に入れたい」、「所有したい」、「長く聴き続けたい」と思わせる王道クラシックなロックンロール・アルバムであることが『アズ・ユー・ワー』の最大の魅力なわけで、それを思えば当然の結果だと言えるかもしれない。

『アズ・ユー・ワー』がリアムを中心としたソングライティング&プロダクションの「チーム」によって作られたアルバムであることは、今週の一枚でも書いた。ここではさらに具体的に、王道クラシックな傑作ロックンロール・アルバムを生んだチームの編成と、各ナンバーのバックグラウンドを検証してみることにしよう。

1. Wall Of Glass

『アズ・ユー・ワー』を生み出したチームの言わば監督的ポジションにいた人物が、ご存知グレッグ・カースティンだ。そしてプロデューサー&アレンジャーとしてのカースティンの采配が最もヴィヴィッドに冴え渡っているナンバーが、この“Wall Of Glass”。同ナンバーはリアム、カースティン、アンドリュー・ワイアット他多数のソングライターによる合作曲で、本作中でも際立ってチーム感が強い一曲。つまり、「誰が書いた曲だろうが、俺が歌えば俺の曲になる」というリアムのソロの大前提を、アルバムの冒頭で宣言する役割を果たしている曲ということだ。

「お前はワン・ダイレクション(一方向)を売りつけられた / 俺はレザレクション(復活)を信じ続ける」と歌われるように、まさにリアム・ギャラガーの復活を告げる強力なロックンロール・チューン。明快な起承転結を持つポップ・ソングであり、緻密に計算された奥行きを持つ今様な音響ナンバーでもある“Wall Of Glass”だが、そこにド迫力のリアムのボーカルが乗ると普遍のロックンロールへと一気に集約されていく。素晴らしい声、素晴らしいギター、そして熱く固いアティチュード、それさえあればいつの時代であってもロックンロールは輝けるのだとリアムは身を以て証明したのだ。


2. Bold

『アズ・ユー・ワー』にはチームによる合作曲だけではなく、リアムが一人で全てを書き下ろしたナンバーも複数収録されている。中でもソングライター=リアム・ギャラガーの現時点でのベスト・ソングと言っても過言ではないのがこの“Bold”だ。ファルセット・ボーカルと柔らかく絡むメロディはリアムの実は繊細な詩情の結晶であり、オアシスの“Little James”の昔から普遍の、彼のソングライティングの核の在処を伝えている。

ちなみにこの曲には「目が覚めると、お前の声がする / 過去を追いかける(chasing yesterday)ほどの愛なんてないって」という一節があるが、これはノエル・ギャラガーのセカンド・ソロ・アルバム『チェイシング・イエスタデイ』を念頭において書かれた一節であるのは間違いないし、「過去を追いかけても意味がない」といち早くソロに踏み出した兄に対するアンサー・ソングとも取れる。続けて「もう大丈夫だから(It’s alright now)」と歌うリアムの心境をどうしたって深読みしたくなってしまうナンバーなのだ。


3. Greedy Soul

本作のプロデューサーとしてグレッグ・カースティンばかりがフォーカスされているが、実は彼がプロデュースしたのは数曲で、大半の曲はダン・グレッグ・マーグエラットがプロデュースしている。彼はザ・ヴァクシーンズサーカ・ウェーヴスを手掛ける若手のホープで、“Bold”やこの“Greedy Soul”も彼の手によるもの。ガレージ・ギターのラフでダーティーな質感をザリっと残したこの曲はインディ・ギター畑出身のマーグエラットならではのプロダクションで、野太いコブシを思う存分効かせるリアムのボーカルと最高のタッグになっている。ちなみに“Greedy Soul”もリアムが一人で書いた曲だ。


4. Paper Crown

本作中でも一、二を争うアコースティック系の佳曲。リアムのファルセットのスウィートな持ち味がここまで生かされきった曲も久しぶりだろう。同ナンバーはアンドリュー・ワイアットとNY出身のシンガーソングライター&俳優のマイケル・タイによる共作曲で、リアムは作曲にノータッチ。アンドリュー・ワイアットはカースティンと共にベックの新作『カラーズ』にも参加している人物で、本作でも重要な役割を果たしている。

5. For What It’s Worth

リアムとSimon Jonsの共作曲。「『アズ・ユー・ワー』で最もオアシス的な曲は?」と問われたら、100人中99人が「“For What It’s Worth”!」と応えるだろうインスタント・クラシック。たっぷり余白が取られた空間を悠々と行進するミッドテンポのグッド・メロディといい、途中でインサートされるストリングスといい、『モーニング・グローリー』に収録されていてもおかしくないようなナンバーなのだ。

「言い訳させてもらうと いつも悪気はなかったんだ」、「言っても仕方ないけど 傷つけてごめん」と歌われる歌詞が「リアムが謝罪?!誰に?!」と話題を呼んだナンバーでもある。彼が誰に対して「ごめん」と言っているのかは諸説あるが、「ゴシップ合戦の集中砲火を浴びて / 俺は戦いの目的を忘れたみたいだ / でも体の奥では今でも炎が燃えてる」という一節には、ロックンロールを見失いかけていたここ数年の自分への、リアムの禊のような心境を垣間見ることができる。


6. When I’m In Need

ミニマムなアシッド・フォーク調の前半からラウド・ギターとラウド・ボーカルがとライバルなリズムに乗る後半、そしてホーン全開のクライマックスへと育っていくサイケデリック・チューン。

次のページアルバム後半、ロックンロールの理想を再定義するグルーヴ・チューンやシンフォニックな楽曲など

最新ブログ

フォローする