テイラー・スウィフト、ついに開始したツアーのセットは「蛇」だらけ! MCでその理由を語る

テイラー・スウィフト、ついに開始したツアーのセットは「蛇」だらけ! MCでその理由を語る

5月8日から『レピュテーション』を引っ提げたスタジアム・ツアーの北米公演に乗り出したテイラー・スウィフトだが、ステージのデザインからマイク・スタンドに至るまで、蛇のモチーフだらけになっていたことが話題を呼んでいる。

これは2年前にカニエ・ウェストの妻キム・カーダシアンから蛇呼ばわりされたことへのあてつけで、テイラーはライブ中MCの中でこの件について言及していたという。


事の起こりは、カニエが2年前にリリースした『ライフ・オブ・パブロ』の“Famous”でテイラーについて触れたことだ。

2009年のMTV授賞式でテイラーの“You Belong With Me”が最優秀女性アーティスト賞に輝くと、カニエがテイラーの受賞スピーチに乱入。テイラーからマイクを奪ってビヨンセの“Single Ladies (Put a Ring on It)”こそがこの賞にふさわしいと訴える事件を起こし、カニエはその後大バッシングを受けることになった。

カニエは“Famous”の中でこの事件について再び触れており、「それでも俺とテイラーがセックスすることもありかなと思う/あのビッチを有名したのは俺なんだから」とうそぶいてみせていた。


カニエがその後『ライフ・オブ・パブロ』をリリースすると、歌詞の内容についてはテイラーの了承を得ているとしていたカニエに対してテイラー側が抗議し、了承を取られるようなことはなかったとカニエの言い分を否定。むしろこのような女性蔑視的な曲を発表するべきではないと忠告したのだと発表した。

さらにグラミー賞授賞式でも、自分の成功を引きずろうとしたり、逆に自分の達成を利用しようとしたりする人たちがいるから若い女性アーティストは気をつけなければならない、とスピーチし、暗にカニエの“Famous”を批判するような発言も行っていた。

しかし、これに対してカニエは“Famous”の歌詞をめぐってはテイラー個人と1時間近く電話で話して了解を取ったはずだとツイートし、テイラー自身がこの歌詞は面白いとゴーサインを出したと重ねて反論していた。

さらに、その後、妻キムがカニエとテイラーがその電話のやりとりをしている時の動画までSNSで公開。また、キムは「GQ」のインタビューでも、この会話はその場に居合わせていたリック・ルービンのほか、スタッフや業界人も聞いていたとも明かしていた。

それにとどまらず、キムはテイラーがそれでもこうした事実を隠してカニエを貶めようとしているとテイラーを蛇にたとえ、この動画を公開した同じ日に、蛇の絵文字と共に「待って、今日って、ワールド・スネーク・デイ(7月16日。投稿されたのは7月17日)なの?!?!? みんな、今日はお休みよ! 最近の色んなことすべてからね! 」とツイートしていた。


今回のステージでの蛇尽くしはこれへの当てつけとなっているのは明らかだ。「The Washington Post」によると、テイラーはライブのMCの中で、この件に関して以下のように説明していたという。

みんな、なんでこんなに会場中蛇だらけなのって思ってるかしら? わたし、何年か前にある人からソーシャル・メディアで蛇呼ばわりされたことがあって、これがものすごく拡散しちゃったのね。

そうしたらたくさんの人がわたしのことをソーシャル・メディアで色々言うようになって。おかげでものすごく落ち込んだ時期を過ごすことになったわけ。こういうことをまたやれるようになるのかどうかも分からないような時期もあったのね。

わたしがみんなに伝えたいのは、もし誰かにソーシャル・メディアでなんか悪口を言われて叩きにあったとしても、それにたくさんの人たちが乗っかっちゃったとしても、だからって打ちのめされなければならないわけじゃないってことなのね。

むしろ、逆にそれでもっと強くなることもできる。その結果に残ったことは良かったことだったし、それは実はわたしがここ10年くらいみんなにメッセージとして伝えていたことでもあるの。

この件はものすごく大切な教訓としてわたし自身が学んだことであって、これまでわたしは、この教訓をこれほど熾烈な形で思い知らされることはなかった。この教訓は、自分の評判や噂を自分がどう受け止めるかってことと関わってくるものなのね。

そしてその教訓とは、自分のことをよく知っている人たち、困った時に自分を支えてくれる人たちや自分と人として接してくれる人たちに自分が理解されていると思えるのなら、自分のことをよく知りもしないたくさんの人たちから誤解されていると感じても、あまり気に病むべきじゃないっていうことなのよ。


なお、このMCを行ったアリゾナ州グレンデール公演が行われたツアーの初日に、これまでテイラーとの対立を続けていたとされているケイティ・ペリーから友好を意味するオリーブの枝が贈り物として楽屋に届けられていたのだとか。

テイラーは「ケイティありがとう」というテロップとともにそのオリーブの枝の動画をSNSで公開。「自分の楽屋に着いてみたら本物のオリーブの枝が置いてあったの。これは、わたしにはものすごく意味のあることなの」とのコメントを付けていた。

関連記事は以下。

テイラー・スウィフト、来日公演が決定! 11月に2公演
テイラー・スウィフトが11月20日(火)・21日(水)に来日公演を行うことが決定した。 同公演は今月から開始した『レピュテーション』ワールド・ツアーの日本公演となる。 スポンサーは富士フィルムで、今回の来日公演タイトルは「TAYLOR SWIFT reputation STAD…
テイラー・スウィフト、来日公演が決定! 11月に2公演

テイラー・スウィフトの「脱皮」の裏にあった「reputation(世評)」を総ざらい
突如すべてのSNSの投稿を削除した後、8月21日(現地時間)から謎の蛇の動画を投稿しはじめ、その後ニュー・アルバム『reputation』を11月10日にリリースすることを発表、そして27日には「MTVビデオ・ミュージック・アワード」授賞式にてニュー・シングル“Look What You …
テイラー・スウィフトの「脱皮」の裏にあった「reputation(世評)」を総ざらい

【知りたい】テイラー・スウィフトとケイティ・ペリーの仲ってどうなってるの? 経緯を検証
ケイティ・ペリーのニュー・アルバム『ウィットネス』のリリース日と同日に、スポティファイで自身の全アルバムの配信を始めたテイラー・スウィフト。 テイラーは3年近く前には、自身の意向でスポティファイへの楽曲の提供をやめたという経緯もあった。 関連記事はこちら。 そんな中で…
【知りたい】テイラー・スウィフトとケイティ・ペリーの仲ってどうなってるの? 経緯を検証
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする