インターポール、デビュー作再現ライブが題材のドキュメンタリー公開。4年ぶりの新作リリースにも期待

インターポール、デビュー作再現ライブが題材のドキュメンタリー公開。4年ぶりの新作リリースにも期待

インターポールが、昨年で発売から15周年を迎えたデビューアルバム『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』の再現ライブを題材にしたドキュメント映像「Turn on the Bright Lights XV」を公開した。

バンドの公式YouTubeにて公開された同映像では、彼らがメキシコシティで行ったライブの模様の他、各メンバーへのインタビューも収められている。


なおバンドは先日、Instagramに「Mastering」というコメントを投稿。ファンの間では、間もなく新作がリリースされるのではと噂されている。


「NME」によると、バンドは昨年のライブ中に新曲“Real Life”をサプライズ披露。2014年の『エル・ピントール』以来4年ぶりとなる新作のリリースが期待されている。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする