デヴィッド・ボウイのライブ・フィルム『ジギー・スターダスト』、来年1月に東阪Zeppにて一夜限りの上映が決定!

デヴィッド・ボウイのライブ・フィルム『ジギー・スターダスト』、来年1月に東阪Zeppにて一夜限りの上映が決定! - © Jones/Tintoretto Entertainment Co.,LLC© Jones/Tintoretto Entertainment Co.,LLC

デヴィッド・ボウイの誕生日(1月8日)の翌日、また命日(1月10日)の前日である1月9日(水)に、ライブ・フィルム『ジギー・スターダスト』が東阪Zeppにて一夜限りで上映されることが決定した。

同作品は約47年前、25歳のボウイが「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っさげ行った、1年半にもおよぶ長期ツアーの最終公演から全17曲を収めたライブ・フィルムとなっている。

1973年7月3日、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場にて行われた同公演でボウイは、コンサートの最後で突然自らジギー・スターダストを葬り去っている。また、同公演のライブの衣装は、1971年に日本人として初めてロンドンでコレクションを行った当時27歳の山本寛斎が手掛けている。 


『ジギー・スターダスト』は東京会場はZepp Tokyo、大阪会場はZepp Nambaにてそれぞれ上映される。

ライヴハウスのPAシステムをフル活用した大音量上映となるイベントの詳細は以下。


デヴィッド・ボウイのライブ・フィルム『ジギー・スターダスト』、来年1月に東阪Zeppにて一夜限りの上映が決定! - © Jones/Tintoretto Entertainment Co.,LLC© Jones/Tintoretto Entertainment Co.,LLC
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする