秦 基博&あいみょん、小松菜奈&門脇麦W主演『さよならくちびる』の劇中曲をプロデュース

秦 基博&あいみょん、小松菜奈&門脇麦W主演『さよならくちびる』の劇中曲をプロデュース
秦 基博あいみょんが、来年5月に公開される小松菜奈・門脇麦ダブル主演、成田凌出演の映画『さよならくちびる』で、劇中小松菜奈演じるレオと門脇麦演じるハルから成るギターデュオ「ハルレオ」が歌う楽曲のプロデュースを担当する。

秦 基博が提供した主題歌“さよならくちびる”と、あいみょんが提供した挿入歌“誰にだって訳がある”、“たちまち嵐”は、それぞれ本作のために書き下ろされ、劇中では小松菜奈(レオ)×門脇麦(ハル)が演奏し、歌唱している。


【秦 基博 コメント】
最初に頂いた脚本にあった「さよならくちびる」という塩田監督の言葉を元に、小松菜奈さん、門脇麦さんの演じるハルレオの声、この映画の世界をイメージしながら曲を書きました。

今回、お二人とレコーディングさせて頂きましたが、お二人の、飾らない真っ直ぐな歌声によって「さよならくちびる」という曲は完成するのだと改めて感じました。

多くの方に、楽しんで頂ければ幸いです。

【あいみょん コメント】
『さよならくちびる』の脚本は、内容が身体に馴染むのが早かった気がします。
ライブハウスのあの酸素の薄い粉っぽさや薄暗さを思い出しました。
それと、自分なりに登場人物の心情を探るのも楽しかったです。
すぐに楽曲制作に取り掛かりました。

「たちまち嵐」
楽観的だけど、芯のある楽曲をイメージしました。
ぶつかりがちなハルとレオだけど、ふたりの出会いや今までの思い出が、気づかないところで互いを支えているんだなぁと感じましたし、旅人ハルにはレオという相棒が必然だった気がします。

「誰にだって訳がある」
皆それぞれ、理由があって今その場に立っていて、好きな物にも嫌いな物にもきっと理由がある。傷つくこと、泣きたくなることや嬉しくなることにも。
沢山の感情を背負って心臓を走らせ生きているハルとレオに、少し訳ありの歌を作りたいと思いました。

【企画・プロデュース 瀬戸麻理子 コメント】
秦さん、あいみょんさんという素晴らしいアーティストにオファーが実現したことだけでも、この上ない喜びを感じておりましたが、出来上がった楽曲を聴いたとき、心が震えました。
楽曲たちはハルレオの物語そのものでした。このメロディ、歌詞により物語は新たな息吹を与えられ、劇中のハル・レオ、そしてシマの3人がよりいっそう生き生きと動き出したのを感じました。
そしてまた、塩田監督の繊細な演出によって、楽曲が3人の揺れ動く心に重なり合い、音楽と物語がひとつに結びついたのです。
お二人の楽曲なしにはこの映画は成立しません。この奇跡のような映画と音楽のタッグを、ぜひ劇場でご覧頂ければと思います。



本映画は塩田明彦監督のオリジナル作品。劇中では、ハルレオとして小松菜奈と門脇麦が実際に自らの歌声で撮影に臨み、小松菜奈においては映画やCMなど含めキャリア初の歌唱演技となる。さらに小松、門脇共に数ヶ月のトレーニングを経て、実際にギター演奏をしながら今回の楽曲を披露できるまでになり、ライブシーンの撮影を成功させたという。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする