クイーン、「第33回ゴールドディスク大賞」にて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞! ブライアンとロジャーからのコメント動画も

クイーン、「第33回ゴールドディスク大賞」にて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞! ブライアンとロジャーからのコメント動画も

クイーンが、2月26日に発表された「第33回日本ゴールドディスク大賞」にて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)を受賞した。クイーンにとって同賞の受賞は14年ぶり2度目だという。

クイーンは「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)のほか、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラが「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)、「ベスト3アルバム」(洋楽)、「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得し、全4部門を受賞した。

この受賞を受けて、ブライアン・メイとロジャー・テイラーより喜びの動画コメントも到着している。


クイーンは、現地時間2月24日に開催された第91回アカデミー賞のオープニングにアダム・ランバートとともに登場し、“We Will Rock You”などを含むメドレーを披露した。

『ボヘミアン・ラプソディ』は第91回アカデミー賞にて、主演男優賞を含む最多4部門を受賞している。


「第33回日本ゴールドディスク大賞」の全受賞アーティスト/作品は公式サイトをご確認下さい。



クイーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

クイーン、「第33回ゴールドディスク大賞」にて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞! ブライアンとロジャーからのコメント動画も
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする