ヒトリエ、wowaka(Vo・G)が逝去。享年31歳

ヒトリエ、wowaka(Vo・G)が逝去。享年31歳
ヒトリエのwowaka(Vo・G)が、4月5日に急性心不全により亡くなった。享年31歳だった。

葬儀については遺族の意向により近親者のみで執り行われたという。

この訃報に伴い、現在発表しているヒトリエの全国ツアーは中止、イベントへの出演はキャンセルとなる。チケット代金の払い戻し等に関しては、後日アナウンスされる。

バンドの今後の活動については現在未定だが、メンバーのイガラシ(B)、シノダ(G・Cho)、ゆーまお(Dr)は、これからも音楽活動を続けていくという。


今だってまだ、ステージでwowakaがギターを弾き始めるあの瞬間を待ってる。
客席にはみんなが居て、右手を振りかぶったリーダーがでかい音を出したら、人生で1番幸せな時間が始まる。

どれだけ虚勢を張ったって、正直まだ、何も手につきません。
腹は減らないし、うまく眠れもしません。
wowakaと出会ってからのことをしっかり思い返すことも出来ません。
涙は止まりません。
もう4人での演奏を見せられないこと、本当にごめんなさい。

それでもおれはこの世で唯一のwowakaが選んだベーシストだから、wowakaが好きだと言ってくれたベースを鳴らすことを絶対に止めません。

リーダーいつでも聞きにきてよ。
おれ明日もうまくなるよ。

イガラシ


リーダーごめん、ジャズマスもうちょい借りるね。
いつんなるかわかんないけどちゃんと返すから、あっちで待っててくんねえかな。

シノダ


wowaka、あまり俺たちの事を長く深く話すようなことなんて特にないんだけどさ、wowakaが曲を作って、俺たちが楽器を持って、曲が出来上がって、ライブで演奏して、音を鳴らしているあの時間は、本物だったな。あと、良い音が出るって最高だよな。
俺の伝わらない文章で不器用なことばかり言って困らせてごめん。
ありがとうね。俺これからも頑張るわ。

ゆーまお


ヒトリエは、動画サイトで活動していたwowaka(現実逃避P)を中心に結成されたバンド。2011年にイガラシ、ゆーまおと前身バンド「ひとりアトリエ」を結成、その翌年にシノダが加入し、「ヒトリエ」となる。2014年1月に1st シングル『センスレス・ワンダー』でメジャーデビュー。その後もコンスタントにリリースを重ね、ライブやイベントにも多数出演。今年2月にはアルバム『HOWLS』をリリースし、3月より全国ツアー「ヒトリエ TOUR 2019 "Coyote Howling"」を行っていた。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする