ジャック・ホワイト、中退した地元デトロイトの大学から名誉博士号を授与。「芸術への貢献」が認められる

ジャック・ホワイト、中退した地元デトロイトの大学から名誉博士号を授与。「芸術への貢献」が認められる

ザ・ラカンターズとして13年ぶりとなる来日公演を行ったジャック・ホワイトが、地元デトロイトのウェイン州立大学から「芸術への貢献」が認められ名誉博士号が授与されたことがわかった。

NME」によると、ジャックは1990年代半ば、音楽に専念するため大学を中退していたという。

授賞式を報じたニュース映像はYouTubeにて見ることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=SCT9tRAOqfs

また、大学のInstagramには授賞式での写真がアップされている。


授与された理由としては、ジャックが音楽だけでなく、慈善活動も積極的に行ってきたことが評価されたとのことだ。

なお、ジャックはザ・ラカンターズとしてニュー・アルバム『Help Us Stranger』を6月21日にリリースすることが決定している

4月に行われたザ・ラカンターズの来日公演のライブレポは以下。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった
ジャック・ホワイト率いるザ・ラカンターズが13年ぶりの来日! 6月にリリースされる11年ぶりの新作『ヘルプ・アス・ストレンジャー』を引っ提げてのツアーで、遂に日本上陸なのだ。 開演は19時の予定で、おそらく10分程度過ぎてから始まった。ただ、今回は携帯をすべてパウチに入れて施…
ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokei
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする