ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

ジャック・ホワイト率いるザ・ラカンターズが13年ぶりの来日! 6月にリリースされる11年ぶりの新作『ヘルプ・アス・ストレンジャー』を引っ提げてのツアーで、遂に日本上陸なのだ。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

開演は19時の予定で、おそらく10分程度過ぎてから始まった。ただ、今回は携帯をすべてパウチに入れて施錠されるという措置が取られていたから時計を持っていない筆者は時間の確認のしようがなかった。でも、会場を見渡して携帯不在のライブ空間を確認して、意外といいもんだなと思ったし、ジャックらしい気風だなとそんなところも愉しかった。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei
ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

オープナーは08年のセカンド『コンソーラーズ・オブ・ザ・ロンリー』からの“Consoler of the Lonely”で、まずは硬質なリフをジャックとブレンダン・ベンソンとで重ねて演奏してからブレンダンのボーカル・パートへと雪崩れ込み、その見事なブルース・メロディを歌い上げると、挑発的なギター・リフとボーカルが錯綜するジャックのパートへと転換する。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

このあまりにも素晴らしいマッチングを叩きつけてから、続いて新曲の“Bored and Razed”。明らかにジャック的な強烈なフレーズが続くリフに続いて、どこまでも耳にまとわりついてくるブレンダンのメロディが絡みつき、まさにこのバンドのケミストリーが健在であることを叩きつけてくる。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

新曲は中盤過ぎにさらに3曲披露し、ブルース・ロック・バラード風の“Somedays (I Don’t Feel Like Trying)”、どこまでも聴きやすいのに骨太なグルーヴがたまらない“Help Me Stranger”、スローなロックンロール・バラードの“Now That You’re Gone”と続いた。激しさよりもじっくり聴かせる楽曲群で、エッジをどう立たせるかというのがテーマのようで、バンドとしてもモチベーションがしっかり続いていることをよくわからせてくれた。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei
ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

終盤も2006年の『ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ』からの“Hands”を披露してから、強烈なリフとメロディで押しまくりながらサイケっぽいセクションも聴かせてこのバンド独特のケミストリーをよく聴かせる新曲“Sunday Driver”で本編を終了。アンコールは“Salute Your Solution”、さらにバンドにとっての1stシングルになった“Steady, As She Goes”でたっぷり観客を楽しませてからライブを締め括った。

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei

演奏のパワーも過剰なほどにエネルギッシュなうえに楽曲がよすぎるので言うことなしライブだったが、ジャックとブレンダンが一緒に歌うパートにおける、ふたりのシンクロ加減がたまらなくかっこよく、本当に純粋なバンドなのだということをわからせてくれた。(高見展)

ザ・ラカンターズ、13年ぶりの来日公演初日を観た! 演奏のパワーも楽曲もあまりに熱いバンドとしての姿がたまらなかった - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする