Official髭男dism、7/31発売の新曲“宿命”が『熱闘甲子園』テーマソングに起用

Official髭男dism、7/31発売の新曲“宿命”が『熱闘甲子園』テーマソングに起用
Official髭男dismの新曲“宿命”が「2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」として起用された。また、同曲は7月31日(水)に3rdシングル『宿命』として発売される。

同曲は、バンドらしいポップなメロディとブラスアンサンブルに乗せ、夏の戦いに自らの「宿命」を燃やす高校球児の葛藤や、ほとばしる情熱を繊細に歌い上げた曲に仕上がっているとのこと。なお、メンバーの藤原聡(Vo・Pf)と楢崎誠(B・Sax)は、高校時代にブラスバンド部に所属し、地方大会のスタンドで応援した経験もあるという。


【Official髭男dism・藤原聡(Vo・Pf) コメント】
(甲子園球場について)パワーのある場所だと思いました。バンドにも日本武道館であったり、さいたまスーパーアリーナであったりと目指す場所がありますが、ここは全国の高校球児たちが目指す場所。そういうところには、すごいパワーがあるんだなと感じました。

「宿命」という言葉には、生まれ持った運命という意味がありますが、宿命とは「自分で背負うもの」だと僕は思っているんです。球児たちは「絶対に甲子園に出るんだ」「優勝するんだ」という思いを、チームのみんなで「宿命」として背負っていて、目標に向かってひたむきにがんばっている。春のセンバツを観戦したときに、そんな印象を強く受けたので、球児たちが背負ってる宿命を称えて、応援したいという思いで“宿命”という曲を作りました。

【有村貴紀(ABCテレビ)プロデューサー コメント】
謎めいたバンド名。一瞬にして聴く人を振り向かせるメロディ。掴んで離さない歌詞の世界観。これまでにない新たな息吹をもたらす曲を作ってくれる! そう思いOfficial髭男dismに応援ソングをお願いしました。
大会も、昨年高校野球100回記念大会を終え、新たなスタートを切る101回大会が開催されます。その新たな一歩が力強いものであるためには「ヒゲダン」のパワーが必要不可欠でした。
ヒゲダンのみなさんはこの春、甲子園で戦う球児たちの姿を実際に目にしました。4人で見たその景色が、曲作りへ向けてメンバーの共通言語になったと言います。
高校野球に映し出される情熱や興奮。時には切なさや苦さが渦巻きます。そんな様々な感情を抱き、戦う球児の姿を力強く歌詞に込めてくれました。

「ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ」

この夏、高校野球そして Official髭男dismのパワーを受け取ってください。



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする