2008年の米ユニバーサル・スタジオ火災、ザ・フー、ウィーザーら新たに700以上のアーティストの被害が明らかに

2008年6月1日に米カリフォルニア州ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた火災で多くのアーティストのマスターテープ、およそ50万曲分が焼失していたことが報じられたが、マスターテープを失ったアーティストが続々と明らかになっている。

The New York Times」の記事を報じた「Consequence of Sound」によると、同火災でマスターテープを失ったアーティストの数は700を超えるという。

これまでに被害が報じられていたアーティストに加え、ザ・フードリー・パートンウィーザーイギー・ポップブリンク182コモン、テンプル・オブ・ザ・ドッグ、プライマス、ソニック・ユースボストン、シェール、ザ・ウォールフラワーズリンプ・ビズキットダムド、ベル・ビヴ・デヴォーといったアーティストが名を連ねている。

そして、ロックだけでなくブルースやワールド・ミュージック、ジャズやカントリーなど被害に遭ったアーティストのジャンルは多岐にわたるとのことだ。

火災による被害が報道された後、マスターテープを失ったホールとサウンドガーデン、スティーヴ・アールと2パックトム・ペティの遺産管理団体らが原告となり、今週ロサンゼルスの連邦地方裁判所に訴えを起こした。本件は集団訴訟の形をとり、原告は1億ドル(約107億円)を超える損害賠償を求めている。

以前の報道ではニルヴァーナR.E.M.ザ・ルーツスティーリー・ダン、バディ・ホリー、エタ・ジェイムズアル・グリーンレイ・チャールズエルトン・ジョンB.B.キングナイン・インチ・ネイルズ、ニール・ダイアモンド、キャット・スティーヴンス、グラディス・ナイト、エリック・クラプトンエアロスミス、トム・ペティ、ベックらのマスターが消失したと報じられていた。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする