【音楽文】本日8/20更新の邦楽の新着記事はBUMP、宮本浩次、RADWIMPS、計10本です

本日8月20日に更新した「音楽文」の邦楽の新着記事は10本です。
是非ご覧ください。


①母なら、ミサイルだって止められると思っていた。
宮本浩次と、少女の私と、父と母に捧ぐ。
B(29歳)

②RADWIMPSとの出逢いで見つけたもの。
私に聴こえてくるRADWIMPSの声
シーサー(48歳)

③茜色の夕日が滲んだとき
奥田民生は歌詞にメッセージを込めない
ちゃこ(30歳)

④今の私から昔の私へ
過去の私から紐解く藤原基央の言葉の魔法
きくらげ(24歳)

⑤事実は小説より奇なり
肩組んで一緒に進んでくれるバンド「オメでたい頭でなにより」に出会えて
Chocho(28歳)

⑥欠けた月の黒いところ 感情を表す心は自分次第
BUMP OF CHICKEN 新アルバム ジャングルジムを聴いて
haru(50歳)

⑦私の「宿命」
Official髭男dismと創り上げた音楽を通じて
朱莉(17歳)

⑧今も尚、走り続ける the pillowsに支えられて
〜当時中学生だった僕が受け取ったもの〜
おからクラブ(22歳)

⑨変わらないで
SAKANAMONへの矢文
こめもり(20歳)

⑩時をかけて魅せたい景色。Nissyがつくりだすライブステージ
Nissy Entertainment BEST DOME TOUR 映像化へ寄せて
三澄まろ(24歳)


「音楽文」の投稿はいつでもできます。
あなたからの熱い音楽文の投稿もお待ちしています。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする