Poppin'Party×SILENT SIREN、『NO GIRL NO CRY』で深まった“同志”としての絆に迫る!

Poppin'Party×SILENT SIREN、『NO GIRL NO CRY』で深まった“同志”としての絆に迫る!
テレビアニメ、ゲーム、音楽など多方面に展開しているメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』に登場するガールズバンド・Poppin'Party(ポピパ)。キャラクターを演じる声優陣が、リアルバンドとして生演奏のライブ活動も精力的に積み重ね、今年5月にメットライフドームで行ったSILENT SIREN(サイサイ)との2日間の対バンライブでも大成功を収めた。このライブのために新たに制作された『NO GIRL NO CRY』を機に、発売中のCUT2019年9月号ではポピパ・愛美とサイサイ・すぅの対談を敢行。互いへのリスペクトがたっぷりと語られている。

「まさに私たちのテーマソング」とすぅが言うように、“NO GIRL NO CRY”には両バンドが表現しようとする、女の子の持つキラキラやかっこよさが込められている。そして、《バチバチのOver Friends!》という歌詞は、2つのバンドの関係性にも通ずるものがある。

サイサイさんとポピパの関係性も、すごい不思議な感覚なんですよ。先輩であり、仲間であり、ライバルでありっていうのを感じるので(愛美)


私たちにとっても、ポピパちゃんはそういう存在です。でも、同時にシンプルにポピパちゃんのことが好きで、ライブを観ると大号泣しちゃうし、超ファンでもあるんだけど(すぅ)


今回のコラボレーションをきっかけに親睦を深めたポピパとサイサイだが、声優のバンド、読者モデルが始めたバンドということから生じた偏見とも戦ってきた同志であるとも言える。

ひとつひとつのライブとか、自分たちの発言によって認めてもらうしかないんですよね。『やるしかねえ!』って思いながら続けてきたから、ちょっとずつ理解してもらえるようになったのかなと(すぅ)


活動を続ける中で『声優さんなのにすごいね』って声のほうが大きくなってきました。でも、『声優だから』ということに甘えてる場合じゃないんです。『声優という肩書はありつつも、バンドとしてもちゃんと磨いていけないよね』って、日々、メンバーと話してます(愛美)


互いの活動に刺激を受けながら、今回のコラボシングルを通してさらに強い絆で結ばれたポピパとサイサイ。両者のアツい関係性が感じられる対談のすべてを、ぜひ誌面でチェックしてほしい。

掲載号のご購入はこちら。

Poppin'Party×SILENT SIREN、『NO GIRL NO CRY』で深まった“同志”としての絆に迫る! - 『CUT』2019年9月号『CUT』2019年9月号

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする