『劇場版おっさんずラブ』特集! 志尊淳&脚本・徳尾浩司が語る“はるたん”への想い、作品への想い

『劇場版おっさんずラブ』特集! 志尊淳&脚本・徳尾浩司が語る“はるたん”への想い、作品への想い
昨年放送され、社会現象ともなったドラマ『おっさんずラブ』の続編『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の特集が、発売中の『CUT』2019年9月号に掲載されている。ドラマシリーズ最終話の約1年後を描く本作。特集では、劇場版で初登場となる山田正義(=ジャスティス)を演じた志尊淳と、本シリーズの生みの親であり、シリーズをこよなく愛する脚本家・徳尾浩司へのインタビューを敢行。作品に込めた熱い想いや、制作の裏側、出演者とのエピソードなどを、各々の視点からたっぷりと語っている。

劇場版からシリーズ初参加となる志尊は、撮影前の自身の心境について「(LGBTQという)作品のテーマに身構えることはなかったが、現場に馴染めるかという不安は大きかったと」と振り返るが、そんな不安を払拭してくれたのは、春田創一を演じる田中圭だったという。

圭さんは、初日の撮影の途中で不安を感じていた僕を見て、気づいてくださったんだと思います。「今日何してる? 飯いかない?」って、ご飯に連れて行ってくださって。「ああ僕もここに入っていいんだ」って思えるようになりました(志尊)


僕と圭さん、(吉田)鋼太郎さんの3人でのシーンもすごく印象に残っています。鋼太郎さんが僕にすごくたくさんボールを投げてくださったのが嬉しくて……そのすべてを受け止められたかどうかは自信がないですが、僕なりに投げ返せたと思っています。そうしたら圭さんが「鋼太郎さんはちゃんと認めていない相手には、ああいうことは絶対にしない人だよ」「おまえは認められているんだから、自由にやっていいんだよ」って言ってくださって(志尊)


また、脚本を手掛けた徳尾へのインタビューでは、映画化決定までの道のりから、脚本を書き上げるまでの過程、キャラクター造形にあたってキャスト陣から受けた影響についてなど、『おっさんずラブ』の裏側について幅広く語られた。

映画のテーマとしては、10代、20代の頃の夢と、会社で働き始めて、キャリアを重ねてからの夢は違うということです。大人としてどうやって生きていくのかという自己実現を描きたいなと。その葛藤を恋愛と両輪で描ければ面白いだろうなと思いました(徳尾)


春田は目の前の問題にはほとんど自分の体を預けて、信じて、全力。春田に接する人がみんな彼を好きになるのは、そういうことだと思います。本当に偽りのないところが春田のいいところ(徳尾)


『劇場版おっさんずラブ』の魅力はもちろんのこと、本シリーズを傑作たらしめた「演者・スタッフ陣の愛情の深さ」にも触れることができる本特集。公開中の映画と合わせ、必読の内容だ。

掲載号のご購入はこちら。

『劇場版おっさんずラブ』特集! 志尊淳&脚本・徳尾浩司が語る“はるたん”への想い、作品への想い - 『CUT』2019年9月号『CUT』2019年9月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする