デイヴ・ムステインが闘病中のメガデス、2020年にツアー復帰することが明らかに

デイヴ・ムステインが闘病中のメガデス、2020年にツアー復帰することが明らかに

フロントマンのデイヴ・ムステインが咽喉がんと診断され、年内のツアー日程をすべてキャンセルしたメガデスが、来年ツアーに復帰することが分かった。

Consequence of Sound」によると、バンドは2020年にファイヴ・フィンガー・デス・パンチとヨーロッパ・ツアーを行うようで、具体的な日程などはまだ明かされていない。

元々メガデスはオジー・オズボーンの北米ツアーにサポートとして参加する予定だったが、同ツアーはオジーが自宅で転倒し、過去の怪我が悪化したためキャンセルとなっていた

なお、ツアーの公式サイトでは同記事執筆時点でヘルシンキとストックホルムの都市名のみ確認することができる。ツアーはファイヴ・フィンガー・デス・パンチがヘッドライナーを務め、メガデスとバッド・ウルヴスがサポートに回るそうだ。

関連記事は以下。

完全復活を祈って――デイヴ・ムステインが咽頭がんの治療中であることを公表。メガデスの今後は?
メガデスのフロントマンであるデイヴ・ムステインが咽頭がんの治療中であることを公表したのは、去る現地時間6月17日のこと。彼はバンドのオフィシャル・サイト上に「咽頭がんだと診断された。過去に直面してきた諸問題同様、これが今、自分が尊重すべきこと、真っ向から向き合うべきことであるのは明らかだ」…
完全復活を祈って――デイヴ・ムステインが咽頭がんの治療中であることを公表。メガデスの今後は?
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする