ガンズ・アンド・ローゼズ、『ターミネーター』新作に新曲を提供? 米メディアが報道

ガンズ・アンド・ローゼズ、『ターミネーター』新作に新曲を提供? 米メディアが報道

現地時間9月25日にノースカロライナ州シャーロットより「Not In This Lifetime…Tour」を再開するガンズ・アンド・ローゼズが、日本では11月に公開される映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のサウンドトラックに新曲を提供しているのではないかと一部メディアが報じている。

オーストラリアのファンサイト「Guns Over Oz」のFacebookへの投稿を元に「Kerrang!」が報じたところによると、同サイトにて以下のような投稿があったという。

情報源である『ターミネーター:ニュー・フェイト』のあるスタッフから聞いた話では、ガンズ・アンド・ローゼズの4人のメンバーが公開前の仮編集版をプライベートで鑑賞して、それによってサウンドトラックに曲を提供したいかどうか決めるようだ。

どうやらスラッシュがアクセルの家で映画の公開に合わせて急ぎである曲のオーバーダブを録った模様。現時点では曲名は不明。でも間違いない100%確かだ。ガンズ・アンド・ローゼズの新曲だよ。


現時点でこれはただの噂に過ぎないが、今年に入ってスラッシュ本人もバンドが新たな音楽を作っていることを認めており、5月にデトロイトのラジオ局「101 WRIF」に出演した際には次のように話していたという。

今の時点で俺が知ってるのは、秋のツアーをやることと、すでに諸々取り掛かっているってこと。まあそういうわけさ。


なお、バンドは過去にも“You Could Be Mine”(1991年)を『ターミネーター2』の公式サウンドトラックに提供している。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする