伝説の名盤『アペタイト・フォー・ディストラクション』リリース後、スラッシュとイジーが語り尽くしたガンズ貴重インタビュー!

伝説の名盤『アペタイト・フォー・ディストラクション』リリース後、スラッシュとイジーが語り尽くしたガンズ貴重インタビュー!

2023年7月下旬にヨーロッパツアーを終え、8月5日以降は北米各地をサーキット中のガンズ・アンド・ローゼズ。
そのさなかにあたる同18日には“Perhaps”と題された新曲が突然リリースされ、ファンを驚かせている。かねてより噂されているオリジナル新作アルバム登場への期待感も高まってくるというものだ。

そして『80年代ロックアルバム100』の大特集が組まれたロッキング・オン10月号には、名盤『アペタイト・フォー・ディストラクション』でのデビュー翌年にあたる1988年、ちょうど彼らがエアロスミスの全米ツアーにスペシャルゲストとして同行していた当時のインタビュー記事が掲載される。

取材に答えているのはスラッシュとイジー・ストラドリンのギターチーム。アルバムが発売から丸1年をかけて全米No.1になり、そのサクセスストーリーの展開にも加速度がつき、まさに無敵状態になりつつあった頃の彼らがどんな日常を過ごし、どこに向かおうとしていたのかが浮き彫りにされた貴重なテキストだ。

9月号に掲載されている「エアロスミスが70年代の栄光と悪癖を回顧するインタビュー」と併せて読むことで、いっそうリアルに時代感を味わえるに違いない。『アペタイト~』がアルバム100選の何位にランクされているのかと併せて、10月号の誌面をお楽しみに。(増田勇一)



ガンズ・アンド・ローゼズのインタビューが掲載されるロッキング・オン10月号

伝説の名盤『アペタイト・フォー・ディストラクション』リリース後、スラッシュとイジーが語り尽くしたガンズ貴重インタビュー!
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする