キッス、9月に突如延期となったライブの原因が明らかに。ジーン・シモンズの◯◯が原因?

キッス、9月に突如延期となったライブの原因が明らかに。ジーン・シモンズの◯◯が原因?

12月にツアー「END OF THE ROAD WORLD TOUR」の一貫で来日公演を行うキッスだが、9月に突如延期されたアメリカでの3公演について、その原因がジーン・シモンズに胆石が見つかったからであることがわかった。

「TMZ」のニュースを報じた「Ultimate Classic Rock」によると、現地時間10月1日にロサンゼルスの病院に入院したジーンは、胆石を摘出する非侵襲性(体にメスを入れない)施術を受けたそうで、約1週間ほどで体に挿入された導管が取り外されるとのことだ。

キッスは、9月13日に予定してたソルトレイク・シティ、16日のオークランド、20日のロサンゼルスの各公演をキャンセルしていた。なお、現時点で延期された公演の振替え日程などがは発表されていない。

9月13日にジーンは、「ソルトレイク・シティのファンに謝罪したい。バンドは後日戻って来てライブを行う。実のところ、医療処置を受けるためにロサンゼルスに行かなくちゃならないんだ。深刻ではないが今処置を施しておく必要がある。お見舞いの言葉をありがとう。すべて順調だ」とツイートしていた。


なお、2009年にジーンは胆石のひとつを1万5000ドル(現在で約160万円)で販売し、その売り上げをチャリティ団体に寄付したことがあるそうだ。

バンドは、11月から12月初頭にかけてオーストラリアとニュージーランドでプレイし、12月8日(日)より日本で3公演を行う予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする