コールドプレイのクリス、自宅で行ったライブでデヴィッド・ボウイのカバーなどを披露! パフォーマンス映像が公開

コールドプレイのクリス、自宅で行ったライブでデヴィッド・ボウイのカバーなどを披露! パフォーマンス映像が公開

コールドプレイのクリス・マーティンが、新型コロナウイルスに対する慈善活動の資金を募るため「Together, At Home」と題したプロジェクトに参加、弾き語り形式でのパフォーマンスを披露した。

SPIN」によると、「Together, At Home」はWHOとGlobal Citizenがパートナーシップを組み、コロナウイルス対策のための資金、6億7500万ドル(日本円で約718億)を4月末までに集めることを目的とした企画だという。

バンドの公式SNSやYouTubeで公開されている約30分ほどのパフォーマンス映像では、クリスが自宅で“Viva la Vida”や“A Sky Full Of Stars”、“ Yellow”といったコールドプレイの楽曲のほか、デヴィッド・ボウイ“Life On Mars?”のカバーなどを披露している。


なお、同企画の次なるアーティストはジョン・レジェンドが務める予定で、現地時間3月18日の午後1時より彼のInstagramにて配信されるという。


コールドプレイは先日、米ラジオ局「NPR」の人気企画「Tiny Desk Concert」に出演しており、約18分のライブを披露。バンドの楽曲やプリンス“1999”のカバーなど、全5曲をパフォーマンスしたそうだ
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする