米津玄師、“Lemon”がJASRAC賞「金賞」受賞。著作物使用料の分配額が258万曲中で1位

  • 米津玄師、“Lemon”がJASRAC賞「金賞」受賞。著作物使用料の分配額が258万曲中で1位
  • 米津玄師、“Lemon”がJASRAC賞「金賞」受賞。著作物使用料の分配額が258万曲中で1位 - 『Lemon』

    『Lemon』

  • 米津玄師、“Lemon”がJASRAC賞「金賞」受賞。著作物使用料の分配額が258万曲中で1位
  • 米津玄師、“Lemon”がJASRAC賞「金賞」受賞。著作物使用料の分配額が258万曲中で1位 - 『Lemon』
米津玄師の楽曲“Lemon”がJASRAC賞「金賞」を受賞した。

同賞は、前年度に音楽配信やカラオケ、CMなどでの利用において、JASRACからの著作物使用料の分配額が最も多かった作品に贈られるもの。2019年度の分配対象の楽曲数はのべ258万曲を超えているなか、“Lemon”は「インタラクティブ配信」と「カラオケ」の両分野においても2年連続の分配額1位を記録し、計3冠の受賞となった。

“Lemon”は、ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲で、2018年2月12日に配信リリース、3月14日にCDリリースされた。以降、2018年の年間チャートで30冠、2019年においても年間チャートで33冠、Billboard JAPAN年間総合ランキングにおいては日米史上初の2年連続1位を記録した。また、オリコンカラオケランキングでは、歴代首位となる85週連続1位を記録し、2020年5月20日現在までに合算セールス380万枚(ダウンロード数320万DL/CDセールス60万)を突破。YouTubeでのMV再生数は、5.6億回再生(日本人アーティスト最多記録)を記録している。


【米津玄師 コメント】
とても光栄です。初めてのドラマ主題歌であり、自分の思っていた以上に広いところまで、本当に想像もつかない広いところまで届くような曲になり、良くも悪くも自分をまた大きく違う場所へ連れて行ってくれた楽曲です。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする