アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソン、別居中だった妻の訃報に声明を発表

アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソン、別居中だった妻の訃報に声明を発表

アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンが、別居中だった妻パディ・ボウデンの訃報に声明を発表していることが明らかとなった。

「The Independent」のニュースを報じた「Consequence of Sound」によると、現地時間5月18日に、英ロンドンのチズウィックにある自宅で亡くなっているパディが発見されたという。

1990年に結婚したブルースとパディは2018年に別居を開始し、離婚の手続きを進めている最中だったと報じられており、ブルースは妻の訃報について次のような声明を発表している。

悲惨な事故と見られるひどい悲劇です。私たちの子どもであるオースティンとグリフィン、キア、そして私は打ちひしがれています。パディに敬意を払い、家族にとって困難かつ辛い時である今は、これ以上のコメントは控えます


「The Sun」の報道では、ロンドン救急サービスの広報担当者が、「本日(5月18日)にチズウィックで体調不良の人がいるとの通報を受け、我々は救急隊員2名を現場に派遣しました。最初の救急隊員が2分以内に到着しましたが、残念ながら患者はすでに亡くなっていました」と報告していた。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする