「気が狂った」ほど好き放題やり尽くした『OK コンピューター』をトム・ヨークが饒舌に語る。レディオヘッドが最初の絶頂に達した瞬間を切り取った97年の貴重インタビュー!

「気が狂った」ほど好き放題やり尽くした『OK コンピューター』をトム・ヨークが饒舌に語る。レディオヘッドが最初の絶頂に達した瞬間を切り取った97年の貴重インタビュー! - 『rockin'on』2020年8月号より『rockin'on』2020年8月号より

作り始めた時、素敵なレストランで食事をしながら聴けるような、家具の一部になれるようなレコードを作りたいと本気で思ってたんだよ。でもこのアルバムを聴きながら食べるなんて絶対無理だ!


レディオヘッドのキャリアの転換点として名高い傑作にして問題作、『OK コンピューター』がリリースされたのは97年のこと。このインタビューは同年のリリースに合わせて行われたもので、本作完成直後のトム・ヨークの興奮が端々から滲む内容になっている。

20周年記念盤『OK コンピューター OKNOTOK 1997 2017』のタイミングでも回顧インタビューを受けていた彼だが、20年後のそれが怪物的傑作に客観の評価を与えるものだったのに対し、本インタビューのトムは未だ同作の怪物性に気づいておらず、まるで「普通の新作プロモ・インタビュー」のように語っているのが新鮮で貴重なのだ。

『OK コンピューター』のレコーディングはカオスを極め、バンドは解散寸前まで追い込まれたと「史実」は伝えている。でも、ここで語られるのは混乱よりも自由、苦闘よりも喜びだ。

おもちゃを与えられた子供のように新しい機材をいじくりまわし、失敗を恐れず何度もチャレンジし、ついにブレイクスルーしたレディオヘッドの物語。これもまた、今なおエニグマティックな傑作として語り継がれる『OK コンピューター』の真実に違いないのだ。(粉川しの)



レディオヘッドの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

「気が狂った」ほど好き放題やり尽くした『OK コンピューター』をトム・ヨークが饒舌に語る。レディオヘッドが最初の絶頂に達した瞬間を切り取った97年の貴重インタビュー! - 『rockin'on』2020年8月号『rockin'on』2020年8月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする