ホワイトスネイクのデヴィッド・カヴァーデイル、「アンチ・マスク派は他の人を危険にさらしている」と苦言を呈す

ホワイトスネイクのデヴィッド・カヴァーデイル、「アンチ・マスク派は他の人を危険にさらしている」と苦言を呈す

ホワイトスネイクのデヴィッド・カヴァーデイルが、「アンチ・マスク派は他の人を危険にさらしている」と苦言を呈しているという。

Blabbermouth」によると、米ケンタッキー州ルイビルのラジオ局91.9 WFPKの番組に出演したデヴィッドが、コロナ渦においてマスクを着用しない「アンチ・マスク派」について、思うところを明かしている。

「私たちは皆、未踏の海域で安全な港を探しながら同じ船に乗っている。今は、皆がコミュニティ意識を持って団結すべきときだ。だから、大西洋の両側で蔓延している恐ろしいウイルスを利用して、政治的な分裂が引き起こされていることに愕然としている。

恐ろしいことだ。人類の歴史において非常に困難なときに、人々はマスクなしで出かけてもよいと言われるんだ。ダメだ。それは違う。マスクを着けない人は他の人を危険にさらしている。その人たちはウイルスを持っているかもしれないし、感染するかもしれない。思慮に欠けている。困惑してしまうよ。本当に」


続けてデヴィッドは新型コロナウイルスを防ぐ対策として、自身が実行していることについても明かした。

「妻と私は、ロックダウンと自己隔離の規則を守ってきた。私は自分のスタジオを消毒して清掃し、一緒に仕事をする全員の体温を測っている。私たちは真面目に予防をしてるよ。なぜかって? 必要だからだよ」


なおデヴィッドは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、サミー・ヘイガー&ザ・サークルおよびナイト・レンジャーらと今年開催する予定だったツアーをキャンセルしている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする