Mr.Children、全曲海外レコーディングの新アルバム『SOUNDTRACKS』12/2発売。新アー写公開も

  • Mr.Children、全曲海外レコーディングの新アルバム『SOUNDTRACKS』12/2発売。新アー写公開も
  • Mr.Children、全曲海外レコーディングの新アルバム『SOUNDTRACKS』12/2発売。新アー写公開も - 『SOUNDTRACKS』12月2日発売

    『SOUNDTRACKS』12月2日発売

  • Mr.Children、全曲海外レコーディングの新アルバム『SOUNDTRACKS』12/2発売。新アー写公開も
  • Mr.Children、全曲海外レコーディングの新アルバム『SOUNDTRACKS』12/2発売。新アー写公開も - 『SOUNDTRACKS』12月2日発売
Mr.Childrenが、12月2日(水)に全曲海外レコーディングで制作したニューアルバム『SOUNDTRACKS』を発売する。

同作は、前作『重力と呼吸』より2年2ヶ月ぶり、20枚目のオリジナルアルバム。40万人を動員した「DOME TOUR 2019 “Against All GRAVITY”」終了後の2019年7月より、「新しい音楽の可能性」と「刺激」を求めて、シールU2スティングサム・スミスを手掛けたグラミー受賞エンジニア・Steve Fitzmauriceと共に制作が開始されたとのこと。レコーディングは数多くの世界的名盤が録音されたRAK Studios(London)、Sunset Sound(LA)にて全曲が録音され、マスタリングはSterling SoundのRandy Merrillが担当。『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のW主題歌“Birthday”と“君と重ねたモノローグ”、日本テレビ系朝の情報番組『ZIP !』の新テーマ曲“The song of praise”、キリンビール「麒麟特製ストロング」CMソング“others”、9月TBS系火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』主題歌“turn over?”など全10曲が収録される。

初回限定映像特典には、「“MINE” LIVE & Documentary of SOUNDTRACKS」(DVD or Blu-ray)が付属され、撮り下ろし映像“DANCING SHOES”、“Brand new planet”、“Documentary film”、“others”、London&LAのレコーディング映像、メンバーインタビューなど、約50分(仮)が収録予定となっている。ジャケットデザインとミュージックビデオなど、全てのアートワークはクリエイティブ集団・PERIMETRONが担当している。また、今作はCDとあわせて、Mr.Children初となるVinylでのリリースも行われる。Vinylは、Abbey Road StudiosのMiles Showellによるハーフスピードカッティングの180 グラム重量盤アナログレコード(1枚)でリリースされる。

さらに、写真家・薮田修身が、Mr.Childrenの海外レコーディングに密着し、彼にしか撮れない距離で撮影した4人の写真で構成したインスタレーション「THERE WILL BE NO MIRACLES HERE」が、東京・大阪・名古屋の3都市限定で開催されることが決定した。インスタレーションは、12月5日(土)名古屋 PARCO よりスタートする。詳細はこちらから。


JAPAN最新号 表紙はBUMP OF CHICKEN!別冊LiSA。ユニゾン/MONOEYES/クリープハイプ/Ken Yokoyama/アジカンなど
2020年9月30日(水)に発売する『ROCKIN’ON JAPAN』2020年11月号の表紙とラインナップを公開しました。今月号の表紙巻頭は、BUMP OF CHICKENです。 そのほかラインナップは以下のとおり。 ●BUMP OF CHICKEN ツアー「aurora …
JAPAN最新号 表紙はBUMP OF CHICKEN!別冊LiSA。ユニゾン/MONOEYES/クリープハイプ/Ken Yokoyama/アジカンなど - 『ROCKIN'ON JAPAN』2020年11月号
【JAPAN最新号】Mr.Childrenの渾身のブルースが涙を反転させる。光なき時代の日常賛歌=最新楽曲“turn over?”ロングレビュー
現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』11月号にMr.Childrenの新曲“turn over?”ロングレビューを掲載! Mr.Childrenの渾身のブルースが涙を反転させる。 光なき時代の日常賛歌=最新楽曲“turn over?”ロングレビュー 文=高橋智樹 …
【JAPAN最新号】Mr.Childrenの渾身のブルースが涙を反転させる。光なき時代の日常賛歌=最新楽曲“turn over?”ロングレビュー
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする