The 1975のマシュー・ヒーリー、ソロ・プロジェクトに取り組んでいることが明らかに

The 1975のマシュー・ヒーリー、ソロ・プロジェクトに取り組んでいることが明らかに

The 1975のフロントマンとして知られるマシュー・ヒーリーが、ソロ・プロジェクトに取り組んでいることが明らかとなった。

「OK!」誌のインタビューを報じた「FAR OUT」によると、マシューの母親で女優のデニス・ウェルチが、息子の計画について次のように口を滑らせたという。

「マシューはソロ・プロジェクトに取り組んでいるの。私にはエンターテインメント業界に息子が2人いて、大変だけど彼らのことを誇りに思っている」


一方、最近マシューは、Apple Musicのゼイン・ロウが司会を務める番組に出演。将来的にソロ・プロジェクトに取り組む計画を明かしていた。

「(The 1975 は)絶えず進化してると思う。バンドが10年を迎えたように、『Music for Cars(The 1975が定めたひとつのフェーズとして知られる)』の時代には終わりがある。カルチャーは動いてるし、わからないけど、2年後とかにはThe 1975は少し違うものであるべきだ。

僕たちがやろうとしてることはたくさんある。そのうちのひとつが、僕は自分のレコードを作って、ジョージ(・ダニエル/Dr)は彼のレコードを作ることだ。それで、お互いをプロデュースする。実現するだろうね」


なおThe 1975は、5月にニュー・アルバム『Notes On A Conditional Form』をリリースした。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする