ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント

  • ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント -  pic by Beth Saravo

    pic by Beth Saravo

  • ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント
  • ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント -  pic by Beth Saravo
  • ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント

ザ・ストラッツが、2年ぶりのニュー・アルバム『ストレンジ・デイズ』を本日10月16日(金)にリリースした。


コロナ禍のロックダウン中に、感染検査を受け安全を確認してからプロデューサー宅に泊まり込み、10日間で10曲を録音したという同作について、Voのルーク・スピラーは以下のようにコメントを寄せている。

「ツアーの合間に複数の国で複数のプロデューサーと組んですべてを片付けるんじゃなくて、今回みたいなやり方でレコードを作るのはすごく楽しかった。その興奮をできるだけ形にしたいとみんな思っていたし、曲が文字通り空から降ってくるように感じた時もある。間違いなく俺たちにとっては魔法の10日間だった。だから、アルバムを聴いてくれた人にもその魔力を味わってもらいたい」


制作中の様子を捉えた映像がザ・ストラッツ公式YouTubeチャンネルで公開されており、その映像の中では、メンバーが以下のように発言している。

「マジで、これは俺たち史上最大の作品になったと思う」(アダム・スラック/G)

「見事な共同作業で、それぞれに見せ場があって、一番いいところを発揮できたレコードだ」(ジェド・エリオット/B)

「俺たちがどんなバンドかを記録したアルバムだと思う。実力を余すことなく見せられた」(ゲシン・デイヴィス/Ds)


また、2021年4月に来日公演が決定している彼らから日本のファンに向けてのメッセージも到着している。

「我慢して待っていてくれてありがとう。かならずまた行くからね。そして、このアルバムを俺たちと同様、愛してくれると嬉しいな」(アダム)

「日本のファンは俺たちがこれまで出会ってきた中でいちばん情熱的でユニークな人たちだし、このレコードのユニークさも理解して楽しんでもらえるはずだと思う。俺たちは作っていて楽しかった。すごく楽しかった。だから、楽しんで欲しい。というわけで、うん、また会えるのが楽しみだよ!」(ルーク)






ザ・ストラッツの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。
『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ザ・ストラッツ、新AL『ストレンジ・デイズ』をリリース! 「マジで、俺たち史上最大の作品になった」とコメント - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする