スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、90年代にエディ・ヴァン・ヘイレンにインタビューした想い出を語る。「才能に溢れた優しい人だった」

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、90年代にエディ・ヴァン・ヘイレンにインタビューした想い出を語る。「才能に溢れた優しい人だった」

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンが、90年代にエディ・ヴァン・ヘイレンにインタビューした想い出を振り返っていることがわかった。

SPIN」によると、BBCのラジオ局Radio 6の番組に出演したビリーが、90年代にアメリカで出版されていたギター雑誌に、オルタナティブ世代のギタリストにエディ・ヴァン・ヘイレンを紹介したいから、彼にインタビューさせてほしいと頼んだのだという。

その結果、エディとのインタビューが実現し、ビリーが次のように明かしている。

「インタビューが終わりに近づき、エディに『あなたがデビュー・アルバムで使ったアンプについて、様々な逸話がありますよね。そのアンプをまだ持っていますか?』と質問したら、彼が『ああ』と言って部屋の隅にあるゴミ箱の近くへ連れて行って、『これだよ』と見せてくれたんだ。僕が、『(このアンプに)特別な仕様を施したという話は本当なんですか?』と訊いたら、彼は『それは全然事実とは違うよ』と答えてたよ」


そう語ったビリーはエディとのインタビューは神がかり的な体験で、「彼は本当に才能に溢れた優しい人だった」とも付け加えていたそうだ。

なお、スマッシング・パンプキンズは、11月27日にニュー・アルバム『Cyr』をリリースする予定だ。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、90年代にエディ・ヴァン・ヘイレンにインタビューした想い出を語る。「才能に溢れた優しい人だった」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする