キッスのジーン・シモンズ、「オアシスをはじめとする90年代のバンドはロック・レジェンドの域に達していない」

キッスのジーン・シモンズ、「オアシスをはじめとする90年代のバンドはロック・レジェンドの域に達していない」

キッスのジーン・シモンズが、「オアシスをはじめとする90年代のバンドはロック・レジェンドの域に達していない」と語っている。

Radio X」によると、ポッドキャスト番組『The Dennis Miller Option』に出演したジーンが、「デジタル時代のロックンロールは、どのように変化したと思いますか?」と質問を受けた。するとジーンは、「次のザ・ビートルズ」に匹敵するアーティストを挙げるのは難しいと言い、90年代を代表するバンドの功績を称えながらも、まだ彼らはレジェンドの域には達していないとして、こう語った。

「デジタルの世界が始まる前――、携帯電話もMTVもSNSもなかった時代、バンドがステージで録音された伴奏も何もなしに生で楽器を演奏していた時代は、私に言わせれば今よりも誤魔化しがなかった。

当時は才能を持った人がたくさんいて、彼らは皆、自分らしさのある曲を書いていた。“スタイル”といったものはなく、イエスやドアーズレッド・ツェッペリンが存在してエキサイティングだったし、彼らのサウンドは全然似ていなかった」


そう語ったジーンは、1958年から1988年の30年間にはエルヴィス・プレスリーやザ・ビートルズ、ジミ・ヘンドリックスといった時代を象徴するレジェンドが存在し、彼らよりも新しいAC/DCU2メタリカマドンナといったアーティストも素晴らしい音楽を作ってきたとコメント。しかし、1988年以降に登場したアーティストに関しては、「誰が次のザ・ビートルズか?」という質問には答えられないと述べていたそうだ。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


キッスのジーン・シモンズ、「オアシスをはじめとする90年代のバンドはロック・レジェンドの域に達していない」 - 『rockin'on』2020年12月号『rockin'on』2020年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする