90年代のグランジ・ブームで80年代のメタルバンドの人気が下降……。モトリー・クルーのトミー・リーはニルヴァーナをどう思っていた!?

90年代のグランジ・ブームで80年代のメタルバンドの人気が下降……。モトリー・クルーのトミー・リーはニルヴァーナをどう思っていた!?

90年代に到来した空前のグランジ・ブームにより、80年代に活躍したメタル・バンドの人気が下火になり、ラジオ局やMTVで全盛期ほどオンエアされなくなった。そんな時代を振り返り、モトリー・クルーのドラマー、トミー・リーがニルヴァーナや他のグランジ・バンドに抱いた想いを語っていることがわかった。

Blabbermouth」によると、Apple Musicのゼイン・ロウの番組に出演したトミーは、ニルヴァーナや他のグランジ・バンドが出現したときにどう思ったかを訊かれ、次のように答えていたという。

「俺は、地球上でこれ以上ないってほど大きく両手を広げて歓迎したぜ。『そうか。誰かが掻き回してやがる』ってな。ありがとよ、って感じだ。だって、他のクソみたいな曲を聴いたら……。わかんねえけどよ、ほとんどのバンドが同じように聴こえたから、その中に誰か(ニルヴァーナ)が手榴弾を投げ込んだら気に入るぜ。『いいや。俺たちはこの道を行く』ってさ。そういうのは好きだ。それからサウンドガーデンもな。(ブームが去った後も)活躍し続けてたし。大好きだったよ」


なおモトリー・クルーは、今年6月よりデフ・レパードとポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツと合同で行う予定だった「ザ・スタジアム・ツアー」を、新型コロナウイルスの影響により2021年に延期。また、トミーは10月16日にソロ・アルバム『Andro』をリリースしている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


90年代のグランジ・ブームで80年代のメタルバンドの人気が下降……。モトリー・クルーのトミー・リーはニルヴァーナをどう思っていた!? - 『rockin'on』2020年12月号『rockin'on』2020年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする