セックス・ピストルズを描く限定ドラマ・シリーズ、オスカー受賞のダニー・ボイルが監督

セックス・ピストルズを描く限定ドラマ・シリーズ、オスカー受賞のダニー・ボイルが監督

映画『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を受賞したダニー・ボイルが、セックス・ピストルズを描くドラマシリーズ『Pistol(原題)』を監督することが明らかとなった。

Deadline」によると、『Pistol』はセックス・ピストルズのギタリストであるスティーヴ・ジョーンズの回顧録『Lonely Boy: Tales from a Sex Pistol』を元に製作される。同ドラマは6話構成になるとのこと。

今回監督を務めるボイルは、スティーヴと共に製作総指揮も担う。同映画では、スティーヴ役にトビー・ウォレス(『ベイビーティース』)、ジョン・ライドン役にアンソン・ブーン(『Crawl(原題)』)、シド・ヴィシャス役にルイス・パートリッジ(『エノーラ・ホームズの事件簿』)、ポール・クック役にジェイコブ・スレイター、グレン・マトロック役にファビアン・フランケル(『The Serpent(原題)』)、ウォーリー・ナイチンゲール役にディラン・ルウェリン(『デリー・ガールズ ~アイルランド青春物語~』)、クリッシー・ハインド役にシドニー・チャンドラー(『Don’t Worry Darling』)、ナンシー・スパンゲン役にエマ・アップルトン(『ウィッチャー』)、パンク・アイコンのジョーダン役にメイジー・ウィリアムズ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)がキャスティングされている。

脚本を手掛けるのは、クレイグ・ピアース(『ムーラン・ルージュ』)とフランク・コットレル・ボイス(『24アワー・パーティ・ピープル』)。

ボイル監督はセックス・ピストルズを描く新作ドラマシリーズを監督するにあたり、バンドについて次のようにコメントしている。

「ピストルズの出現は、イギリスの社会とカルチャーが変わった瞬間でした。それはイギリスにおけるストリート・カルチャーのビッグバン――普通の若者が怒りを発散して、ファッションをアピールする場所だったのです。誰もが目にして耳を傾け、バンドを恐れるか、彼らに従うことになりました。それがセックス・ピストルズです」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


セックス・ピストルズを描く限定ドラマ・シリーズ、オスカー受賞のダニー・ボイルが監督 - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする