2021年の全てのツアーをキャンセルしたThe 1975、新作のレコーディングを始めたことが明らかに

2021年の全てのツアーをキャンセルしたThe 1975、新作のレコーディングを始めたことが明らかに

昨年5月にニュー・アルバム『Notes On A Conditional Form』をリリースしたThe 1975が、2021年に予定していた全ツアーのキャンセルを発表。また、すでに新作のレコーディングに取り組んでいると明かしている。

Alternative Press」によると、バンドは2020年に『Notes On A Conditional Form』に伴うツアーを行うはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2021年に延期。しかし、パンデミック終息の目途が立たないため、7月10日に予定していた英フィンズベリー・パーク公演を含むツアーの中止をInstagramで発表した。


「2021年に予定していた全ツアーのキャンセルを発表することになり、本当に残念だ。多くの人にとって非常に困難な時期で、ファンやスタッフにとって安全なライブが可能になると確信できるまで、ツアーを中止するのが最善策だと結論を出しました。いま僕たちは、ニュー・アルバムを制作中で、安全が確認でき次第、ライブで会えることを楽しみにしてるよ。健康に、そしてお互いを気遣いあおう」



バンドがツアーの中止と新作レコーディングについて発表した同日、フロントマンのマシュー・ヒーリーが、Instagramにスタジオでポーズを取っている画像を投稿していた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


2021年の全てのツアーをキャンセルしたThe 1975、新作のレコーディングを始めたことが明らかに - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする